• 検索
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • RSSfeedly

北海道のスキー発祥地はどこなのか


レルヒ少佐が新潟県にて、日本で初めて本格的なスキーの指導を行ったのが1911年1月12日。このことから毎年1月12日は「スキーの日」とされています。では北海道にスキーが持ち込まれたのはいつ?どこ?誰が?という疑問が生じます。
北海道は雪が多く、冬の楽しみ、スポーツとして長く親しまれてきました。しかし、スキーが日本に初めて持ち込まれたのは北海道ではないといいますし、日本で初めて本格的なスキー指導が行われたのも北海道ではないとされています。

実は日本に初めてスキーが持ち込まれたのは、明治時代の1895年。松川敏胤大尉がスカンジナビアから持ち込んだ、あるいは日清戦争時の戦利品として持ち込んだ(諸説あり)のが日本初と言われています。

では北海道に持ち込まれたのはいつか。北海道にはそれから遅れること約10年。1906年に、イギリス公使館の武官デルメーランド・キーフが札幌月寒の札幌歩兵第25連隊将校にスキー一台を贈ったのが、道内初だったと言われています。

いずれの機会も、スキー道具は持ち込まれましたが、普及させるまでには至らなかったようです。では、実際にスキーを履いてみるようになったのはいつのことなのでしょうか。

スキー普及へ、まずは札幌農学校

スキーが広まるようになる第一歩は1908年のこと。札幌農学校(現在の北海道大学)のスイス人ドイツ語講師ハンス・コラー先生がスキー一台を持ち込み、スキーを冬の遊び・スポーツとして紹介し、広めることに貢献しました。

しかし、当の本人であるコラー氏はスキーの滑り方をよく知らず、教えることもできませんでした。そんなわけで学生たちはスキーを履いて農学校構内で何度も転びながら練習したようです。

学生たちは豊平の馬そり屋にそのスキーを持ち込んで複製させたり、外国から本を取り寄せて滑り方を独学で学んだとのこと。これが北海道産スキー第一号(見方によっては国産第一号)、また、日本で初めてスキーを滑り学んだ地です。とはいえ、まだ本格的なスキーとは程遠い状況でした。そこでレルヒ少佐が登場します。

本格的スキー普及へ、道内は旭川が発祥地

日本で初めて本格的にスキーの指導を行ったのはオーストリア人テオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐で、1911年1月の新潟県でのことでした。前述の通り、それより3年も前に札幌でスキーが滑られていましたが、正式なスキー術を持ち込んで全国に普及させるきっかけを作ったという意味で、新潟県が日本初の本格的スキー発祥地となりました。

その翌年1912年、レルヒ氏は北海道の旭川第七師団に赴任。旭川春光台で行われたレルヒ氏による講習は1912年2月20日~3月11日まで行われ、各連隊から将校3人ずつが招かれてシュテム・ボーゲン、ターン、ジャンプ、直滑降といった1本ストックのスキー指導を受けました。

北方警備にスキーが必要と判断したため当初は軍隊に向けたスキー指導でしたが、これが北海道における本格的なスキー発祥となっています。指導を受けた軍人らは、たとえば札幌に戻ってからレルヒ直伝スキー講習会を実施するなどして道内に広めました。

レルヒ氏はその後ニセコ地域に移動し、羊蹄山登山・滑走を行い、当時の新聞で大きく取り上げられるなどして、メディアを通しても道内にスキーが広まることになりました。

旭川空港のレルヒ像


このように、レルヒ氏は旭川を発祥としてスキー普及に大きな貢献を果たしたことから、旭川空港にレルヒ像、旭川市春光台公園に北海道スキー発祥の地碑、倶知安町レルヒ記念公園にレルヒ中佐の像が建立されています。

まとめると、北海道におけるスキー発祥地は、それ以前に札幌でも滑られてはいましたが、レルヒ氏の指導により本格的なスキーを普及させる原点になった旭川とするのが一般的です。
記事をシェアしてみんなに教えよう!!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでつぶやく
  • Google+で共有
  • はてブ
  • LINEで送る
公式FacebookやTwitterをフォローしてお知らせを受け取ろう!
今月のプレゼント
地元の魅力、発信してみませんか?町おこし・観光関係者様限定募集