• 検索
  • facebook
  • twitter
  • google+
  • RSSfeedly

札幌市の老舗市場「まるやまいちば」5店舗で復活へ


札幌市中央区円山の老舗市場「まるやまいちば」が2012年2月に復活することが決定しました。前身「円山朝市」の1893年ごろから続く歴史ある同市場は、小規模になるとはいえ場所を変えて復活することになります。
まるやまいちばの歴史は長い。前身は1893年ごろにできた西25丁目付近の「円山朝市」、1953年に大通西24丁目に移転、1970年に2階建てに改築しました。

長く市民の台所として愛されてきた市場は、札幌の歴史とともに歩んできたと言っても過言ではありません。しかし時代の変化には対応できず、周辺に大型店が進出したことによる売り上げ減や経営者高齢者のため2010年3月31日に閉鎖、117年の歴史に幕を下ろしました。

その跡地(1930m2)にあった建物は解体・更地にされ、分譲マンション「シティタワーズ円山」に。そのため、まるやまいちばの復活先は、札幌市中央区北一条西24丁目の駐車場跡に建設される5階建てビルの1階に開業することになりました。

営業再開は2012年2月の予定で、約2年ぶり。閉店時にあった37店舗のうち、ほとんどは2010年3月末のまるやまいちば閉鎖の際に、閉店か移転してしまいましたが、かつて同市場で営業していた青果店など5店舗が新市場に入居予定です。

縮小されて、かつてのにぎわいはなくなるとはいえ、2年ぶりに「まるやまいちば」が帰ってきます。
公式FacebookやTwitterをフォローしてお知らせを受け取ろう!
アンケート実施中!
あなたは小学校の運動会でソーラン節をやりましたか?
  北海道の小学校経験者:はい!
  北海道の小学校経験者:いいえ!
  道外の小学校経験者:はい!
  道外の小学校経験者:いいえ!
フォローしよう!!
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS
  • Youtube