アイヌ古式舞踊:鶴の舞
">
アイヌ古式舞踊:鶴の舞
">アイヌ古式舞踊って何? – 北海道ファンマガジン
学ぶ

アイヌ古式舞踊って何?

編集部
Written by 編集部

アイヌ古式舞踊:鶴の舞

 2009年9月30日、ユネスコ無形文化遺産に登録された「アイヌ古式舞踊」。 いったいどんな舞踊なのでしょうか?というのが今回のお題。

アイヌ古式舞踊の基礎知識

 アイヌ古式舞踊というのは、道内のアイヌの人たちにより伝承されてきた 歌と踊りです。イオマンテなどの主要なアイヌの祭り、アイヌの家庭の祝宴 で踊るものです。生活と芸能および信仰が結びついているという特徴があり ます。これには幾つか種類があります。

 「リムセ」というのは輪舞のこと。「ウポポ」というのは歌のことです。 リムセは12種、ウポポは9種が伝承されています。アイヌ古式舞踊は、これら の要素によって構成されています。踊りの種類としては「儀式(奉納)舞踊」 「模擬舞踊」「娯楽舞踊」があります。

アイヌ古式舞踊って何?
アイヌ古式舞踊:弓の舞

作業歌舞:
 「ざるこしの歌」や「稗搗きの歌」にあわせた踊り
儀式舞踊:
 「エムシリムセ(剣の舞)」「クリムセ(弓の舞)」
模擬舞踊:
 「サロルンリムセ(鶴の舞)」「バッタの舞」「チロンヌプリムセ(狐の舞)」
娯楽舞踊:
 「棒踊り」「ヘクリサラリ(盆とり踊り)」「馬追い踊り」
 ほかに、即興性ある「シネオッカイトゥンメノコ(色男の舞)」など

 シキシキ(おどりくらべ)、シカタクィクィ(南東の風の踊り)、 エルムンコィキ(ネズミ捕りの舞)、チャピヤ(燕の舞)、カムィイフンケ (クマの子守唄)、トノトヌンパリムセ(酒こしの歌舞)、フンペリムセ(鯨の舞)、 アトイソー(舟漕ぎ舞歌)、チロンヌップリムセ(猟の歌舞)、 シッチョイチョイナー(豊年踊り)など、数多くの舞踊があります。

 以上の舞踊には、コタンにって小さく異なるところがあったり、曲目が 異なっていたり、地域によって差異があるとされています。

アイヌ古式舞踊保護

 アイヌ古式舞踊は、重要無形民俗文化財に指定されています。1984年 1月21日に指定されました。

 道内には北海道アイヌ古式舞踊連合保存会があり、札幌、旭川、千歳、 白老、平取、むかわ、日高門別、新冠、新ひだか、浦河、様似、帯広、 釧路、弟子屈、白糠のアイヌ文化保存会が保護しています。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。