学ぶ

アイヌの生活~食・料理と収穫狩猟編

編集部
Written by 編集部

 オントレプ、サッチェプ、ムニニイモ。これらが何だかわかりますか? 実は料理です。名前だけ聞いても何だかわからないといえるでしょう。 ということで、今回はアイヌの伝統的な食事を紹介。その前に、アイヌの 狩猟収穫生活(春夏秋冬)について触れておきます。

アイヌの生活~食・料理と収穫狩猟編

狩猟収穫とアイヌの生活

 春(トイタンネ=春が来たこと)。春になって最初にするのは「ハブラピ」 という木のカワハギ作業で、これを女性がします。イモ掘り、熊の巣の穴 にいる小熊の生捕り(マラプト=賓客)などが春の仕事。

 夏は平地の夏の部落(サクコタン)で生活し、海や山で食材を調達しまし た。山に行く際に使う「夏の道(サクル)」がありました。ハマナスの実を 収穫する月(マウタチュプ)、ウバユリを掘る月(キウタチュプ)などがあり ました。

 秋は収穫の大切な時期。家はサケやマスがのぼる川沿いの産卵場が多く、 サケやマスを主な食糧源としていたことが分かります。サケ漁の始まりは 「シベキキリ」と呼んでいました。ベッコウバエの出現がその始まりとし ていました。

食材

 さて、主食は前述のとおり「サケ(シペorチュキペ)」と「シカ(ユク)」。 こうしたものには「カムイ(神)~」という名前が付けられました。「カム イチェプ」といえば、サケ、カレイ、ニシン、シシャモも含まれました。

例:サケ、マス、ウグイ、イトウ、シシャモ、フナ、アメマス、クジラ、 イルカ、アザラシ、メカジキ、サメ、ニシン、カレイ、カジカ、コマイ、 ホタテ、ホッキ、コンブ、タチウオ、ウナギ、スケトウダラ

 「ユクアッテカムイ」はシカを支配する神とさえていました。「ユケラ ンヌプリ」つまりシカの降りる山が道東に、「ヨコウシ」つまり待ち伏せ 場所(鹿狩り名所)が日高に多くみられます。

例:エゾシカ、ヒグマ、キタキツネ、エゾテン、マガン、エゾライチョウ

 動物性のサケやシカに対して、植物性のものもそれ以上に多く食べられ てきました。たとえば、球根、地下茎、葉茎、山菜類、木の実があります。 今の時代のような西洋野菜はなかったので、自生しているものや、雑穀類 の耕作に頼っていました。

例:キトビロ(ギョウジャニンニク)、ヤチブキ(エゾノリュウキンカ)の葉茎、 ヨモギの葉茎、オオウバユリの根、クロユリの根、コウホネの根、エンレイ ソウの実、ザゼンソウ、ヒエ、アワ、キビ、豆類、ジャガイモ、ハマナスの 実、ハスカップ、ワラビ、フキ、ウド、セリ、カタクリ、ニリンソウ、エゾ エンゴサク、ヒトリシズカ(薬用)、イナキビ、オオハナウド、ヒシの実、マ タタビの実、ヤマブドウの実、コクワの実、キノコ類、クルミ、ホオノキ、 キハダ(シコロ)の実、ナギナタコウジュ

 調味料も今のようにたくさんあるわけではないので、魚の脂を使ってみ たり、海水も使っていたようです。また、冬に備えて保存食も作る習慣が ありました。

代表的な料理

「ルイペ」サケやシカを凍らせて薄く切って食べるもの。
「メフン」サケの内臓の塩漬け
「チタタプ」サケの骨を使ったタタキ料理
「シト」アワ・ヒデといった雑穀を使った団子。オオウバユリを使ったものは「トレプシト」。
「オントレップ」オオウバユリのカスを乾燥させた団子。
「サッチェプ」干したサケ。
「オントレプ」発酵させたオオウバユリの根。
「ラタスケプ」野菜や山菜を煮て混ぜた料理。「ボツボツ」という イオマンテ料理はカボチャ、豆類、トウモロコシ、キハダ の実を使った混ぜ料理。「チポロラタシケプ」は蒸した ジャガイモをつぶしてチポロ(サケの卵)であえた料理。 「シケレペキナラタシケプ」は乾燥シケレペキナ(ヒメザ ゼンソウ)を使った料理。「シケレペラタシケプ」は、 キハダの実を使った料理。
「オハウ」魚・昆布などのダシスープで、具材は野菜や山菜。イオマンテ料理として熊肉を使った「カムイオハウ」がある。
「コンブシト」日高発祥の比較的近年の料理。
「ムニニイモ」通称シバレイモ。「ムニン(発酵)」に由来し、凍らせ て発酵させたジャガイモをつぶして乾燥させ、焼いた もの。比較的近年の保存食。
「トノト」イオマンテなどで用いるピヤパ(ヒエ)の酒。

狩猟収穫に使う主な道具

「マレプ」サケを取る道具のひとつ。マレプイペというかぎ型の鉄製 部品が木の先端に取り付けられたもの。類似道具に「アプ」
「ラウォマプ」サケ・シシャモなどの川魚をとる籠受け。
「シノッポンク」「ペラアイ」ヤマメなどの川魚をとる弓と矢。
「タモ」シシャモをとる籠。
「ヤシヤ」夜に漁業を行う際に使うすくい網。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。