味わう

アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー

アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー 【倶知安町】ニセコの隣、倶知安駅程近くに、アメリカの田舎町に佇んでいそうな『メイドインアメリカ』なお店があります。それが「Patty Daddy Burger」。ニセコ界隈では既に大人気のアメリカンハンバーガーショップなんです。

ポップでアメリカンな色彩感覚の外観に心躍りながら、早速店内へ。中に入ってみると、とにかく賑やかな色のインテリアに、アメリカンなナンバープレートがいっぱい。まさにアメリカのローカルバーガーショップです。ふと見ると、大きなテレビ画面ではアメリカの西部劇を流していて、すっかりアメリカを旅している途中で休憩をしている気分になります。

アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー

アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー 席に座ってメニューを見てみると、真っ先に「パティーダディーのバーガーはなぜ旨い!?」というのが目に飛び込んできました。牛肉100%の自家製パティが自慢とのことで、肉の素材自体にこだわっているそうです。そしてその肉本来の旨さとプラス調理法のこだわりも感じられました。これは早く食べてみたい!という期待値がマックスになりました。

「パティーダディーのバーガーはなぜ旨い!?」
国産の牛ロースブロック肉をミンチにするため適度な大きさにカット。お肉の味が最高に引き立つこだわりの粗さに自家製ミンチを作り、つなぎを一切使わずすべて手作業で一つ一つ丁寧にパティをまとめていく。専用のグリルで一気に焼き上げ、しっかり旨みを閉じ込める。こうしてオリジナルのバーガーが完成する。

アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー 人気のバーガートップ3はモッツアレラトマトバーガー、カリフォルニアバーガー、チリチーズバーガー。基本のバーガーやダブルエックスバーガー、厚切りベーコン系もあります。アメリカンスイーツには、アメリカンブラウニー、フロリダライムパイ、南部風チェリーパイなどがあります。

アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー この中から今回は「厚切りベーコン系」のベーコンエッグバーガーとポテト、アメリカンスイーツの南部風チェリーパイをご紹介します。わくわくして待っていると……来ました!溢れんばかりの具材。それにフォークがレンチ型で面白い!

味の方は、厚くボリューム満点のパティが実に旨い。したたり落ちるジューシーな肉汁がたまりません。まさにアメリカンバーガーです。更にオリジナルスパイスのフライドポテトも絶品!

仕上げは「南部風チェリーパイ」。ぎっしり詰まったチェリーが甘酸っぱくておいしい。パイもサクサクでチェリーとの相性抜群でした!

アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー アメリカンポップテイスト満載!倶知安「Patty Daddy Burger」で絶品バーガー

スキーシーズン真っ盛りのニセコエリアは大混雑ですが、スキーの帰りにでもちょっとだけ倶知安まで足を延ばして絶品のバーガーを食べていってほしいと思います。Patty Daddy Burger、自信を持ってオススメします。

Patty Daddy Burger(パティー・ダディー・バーガー)
北海道虻田郡倶知安町北3条西3丁目15-1 [地図]
電話:0136-55-8919
営業時間:11:30~15:00(14:30ラストオーダー)、17:00~21:00(20:30ラストオーダー)
定休日:水曜日
JR倶知安駅から徒歩10分

AirBookmark

筆者について

マーヴェリック

マーヴェリック

アラフィフ世代の「カメライター」。出版編集プロダクション法人経営者でもあり、関わった書籍は30冊、雑誌/新聞は50誌を超える。写真家としてもフランスのギャラリーと専属アーティスト契約をしている。長年東京のメディア業界で活動していたが、5年前に故郷である札幌に戻り、北海道の魅力再発見に取り組む「観光特産士」の顔も持つ。【Sクラス認定ライター】