トピックス

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

札幌の「湯の杜」である定山渓温泉。昨年開湯150周年を迎え、年間観光客数250万人を誇る人気観光地です。その人気温泉郷に程近い八剣山果樹園にて「雪三舞(ゆきざんまい)2017」が開幕しました。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕 札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

今年で3年目の、知る人ぞ知る冬季限定のレアイベントなんです。 2017年度は、1月13日(金)〜1月15日(日)、1月21日(土)・22日(日)の5日間開催となっています。

八剣山という大自然に囲まれた極寒の雪景色の中で、絶品グルメと色んなアトラクションが雄大なロケーションをバックに存分に楽しめました。

それではご紹介しましょう。

「雪三舞」誕生の歴史

まずは、この雪三舞というイベントが誕生したきっかけや、その歴史を一般社団法人定山渓観光協会の橘さんにお聞きしました。

―― 雪三舞を始めたキッカケは?

(以下敬称略):冬季事業としては、「雪灯路」というイベントを定山渓神社にて毎年2月に行って来ておりますが、地元飲食店オーナーやアクティビティー施設の有志らが、「雪灯路とは別な視点でもう一つ、閑散期である冬季に資源活用をした賑わいを創出したい。きちんとイベント単体で収益を伴い、有志主導の自立したイベントとして地元定山渓に貢献し楽しんで行きたい」という遊び心と熱心な志がキッカケで、3年前に開催スタートとなりました。当初は地元民の皆さま向けの地元密着イベントとしてスタートしました。

―― スタートから今までの雪三舞の歴史を教えて下さい。

:過去2回は、会場を定山渓温泉街近くにある三笠スキー場という小さなゲレンデと、ラグビー場を借りて行ってきました。 しかし、もっと定山渓の遊び場として定着させたく、今季より夏の遊び場として穴場のスポットである八剣山エリアに着目し、さらに「定山渓の遊び場は八剣山」という定着目標を掲げ、八剣山果樹園の協力が加わり、八剣山会場としました。

昨年までは、山々に囲まれたグランドとゲレンデですが、今年は八剣山を背に、ロッジ、池、果樹の木々の中での素敵なロケーションでの開催です。 当初より、犬ぞり・スノーラフティング・チューブ滑りなどを行ってきましたが、2年目には乗馬が加わりました。

今季は、更に八剣山果樹園が加わり、アクティビティー業者の連携が強まって参りました。 そして、今季はもっと食にも力を入れたいことから、雪三舞限定グルメメニュー「八剣山グラシュ」を生み出しました。制作は石窯パン工房で人気のベルジネバッカーノが手掛けています。極寒BBQは主要事業テーマの一つでありますので、初開催当初より継続しています。

―― どんな来場者が多いですか。

:来場者には、インバウンドなどアジアを中心とした外国人観光客の皆さまが多数含まれております。また、地元札幌民の方々にも楽しんでもらいたい、という理由から、市内小学校の冬休み期間に被るように設定しましたので、市内の若いご家族連れもたくさん来場いただいています。

はじめは、地元民による地元のイベントという形でスタートしたという事なのですが、今後は全国そして海外からの観光客にも更に認知が広がって、北の大地の「極寒イベント」として大きく発展していくのではないかと、お話を聞いていてその可能性、ポテンシャルを感じました。

犬ぞり、乗馬体験に極寒バーベキュー、他にも色々! これが「雪三舞」の楽しみ方

(1)まずはコインをゲット! コインで遊べるのはコレ!

この「雪三舞」イベントでの有料アトラクションは全てコイン(1枚300円・とてもお得なコイン12枚セット2,500円という設定もあります)での支払いとなります。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

そのコインで遊べるのがこちら。どれもなかなか体験することができないレアなものばかり! 全て自信を持ってオススメできます。

犬ぞり体験(5コイン)
近隣エリアにある動物園「ノースサファリサッポロ」の可愛い犬たちがソリを引いて、約50mの雪道を一直線に駆け抜けます。思ったよりもスピード感があり、意外にスリリングでした。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

乗馬体験(5コイン)
約50mの雪の道中を、目線の高い馬に乗りながらお散歩できます。雄大な冬景色も楽しみながら体験できるのは北国ならでは。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

スノーラフティング(2コイン)
果樹園の木々の中を約2分間、雪煙を舞いながら楽しめる迫力のあるコースです。左右に振り回されたり、コブを豪快にジャンプしたり、短時間ながらもエキサイトできます。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

極寒BBQ(5コイン)
極寒の雪の中で熱々のバーベキューを楽しむなんて実にレア。七輪で美味しい牛肉と野菜そしておにぎり2個と、お腹いっぱい存分に味わえます。真っ白の景色の中で食べると何でこんなに美味しいのでしょう! (寒いのが苦手、という方は室内バーベキューが可能です)

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕 札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

(2)遊んだあとはお腹も満たしちゃおう! 八剣山限定グルメ

寒い中、アトラクションで遊んだあとは、やっぱりグルメ! メニューを見ると色々と美味しそうなものがありますが、まず目につくのがこちら。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

「八剣山グラシュ」(5コイン)※限定販売
地元の豊滝産ポークを、地元八剣山ワインでじっくり煮込んだ絶品お肉の料理。1日30食限定のスペシャルメニューなんです。ポークがとろとろホクホクで実に美味! 是非食べてみてほしいと太鼓判を押せます。

ほかにも、お汁粉や豚汁、ホットドリンクなどの温かいものがありますので、お好みのメニューで食を満喫できます。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

(3)コインが無くても大丈夫! 子どもたちが存分に遊べるアトラクションも

実は会場には、コインが不要な「無料」のアトラクションもたくさんあるんです。 全てお子様向けなので、何度でも楽しめるのが嬉しいですね。

チューブ滑り(キッズパーク)
約10mではありますが、結構な急坂でスピードも出てスリリング! 何度でも楽しみたくなります。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

ふれあい動物園
ノースサファリサッポロの動物たち(ウサギやモルモットなど)と直に触れ合えるエリアとなっています。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

キッズスケーティング
ツルツルのリンクを長靴で楽しむエリア。果樹園内にある池が冬には硬く凍ります。そこを気軽に普通の長靴等で滑って遊ぶことができるんです。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

キッズゲレンデ
雪遊びが手軽に楽しめるエリア。小さめの山ですが、逆にそれが小さなお子様も安心してボブスレーなどで楽しんでいただける雪山となっています。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

いかがでしたでしょうか。 極寒の大自然の中で様々なアトラクションを楽しむ、まさに北の大地で遊ぶ醍醐味だと実感しました。そしてグルメ! こちらもさすが北海道という地元食材使用の絶品ばかり。

今年は残り2日間です。 今週末、札幌に来られる方は是非行ってみて、冬の北海道らしい八剣山を眺めながらの寒中イベント「雪三舞」を満喫してほしいと思います。

札幌・八剣山で雪遊びと極寒食を満喫! 「雪三舞(ゆきざんまい)2017」開幕

開催期間:
2017年1月13(金)・14(土)・15(日)……(※終了しました)
21(土)・22日(日)
会場:八剣山果樹園(札幌市南区砥山126)
開催時間:10:00~16:00
※天候により時間短縮・中止の場合があります。
※イベント内容は予告なく変更することがあります。
入場料:無料 (有料コンテンツも有り。雪三舞専用コインが必要)
駐車場:有り(約100台)
雪三舞公式ウェブサイト

取材協力:一般社団法人定山渓観光協会

筆者について

マーヴェリック

マーヴェリック

アラフィフ世代の「カメライター」。出版編集プロダクション法人経営者でもあり、関わった書籍は30冊、雑誌/新聞は50誌を超える。写真家としてもフランスのギャラリーと専属アーティスト契約をしている。長年東京のメディア業界で活動していたが、5年前に故郷である札幌に戻り、北海道の魅力再発見に取り組む「観光特産士」の顔も持つ。【Sクラス認定ライター】