">
">函館山天然地下水を汲み上げ使う「はこだてビール」(函館市) – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

函館山天然地下水を汲み上げ使う「はこだてビール」(函館市)

編集部
Written by 編集部

株式会社マルカツ興産が函館市で製造する「はこだてビール」は、水にこだわり、毎日函館山の良質な天然地下水を汲み上げて使っています。副原料を一切使用せず麦芽100%で仕上げています。ジャパンビアグランプリ2000では五稜の星、明治館、北の一歩の3銘柄が銀賞を受賞しました。

函館山天然地下水を汲み上げ使う「はこだてビール」(函館市)

主な製造ビール

はこだてビールのレギュラータイプは4種類あります。「五稜の星」「明治館」「北の一歩」「北の夜景」といった函館らしい名称がつけられた4種類となっています。また、「社長のよく飲むビール」という期間限定商品、「函館奉行所麦酒」があります。

五稜の星
ヴァイツェンビール。細かな泡立ちと白い濁りが特徴。古―鄭―な香りと柔らかい味わいが特徴。

明治館
アルトビールタイプの上面発酵ビール。レンガ造りの明治館を彷彿とさせる赤銅色の濃色麦芽と深みのある味わいが特徴。

北の一歩
大麦麦芽を使用した上面発酵エールビール。

北の夜景
ほどよいフルーティーな酸味のあるケルシュタイプの上面発酵ビール。キレある味とさわやかな苦みが特徴。

社長のよく飲むビール
面白い名前のビールは、通常の2倍のモルトを使って1ヶ月間じっくり熟成させて作っている。アルコール度数が何と10%。1998年以来製造販売する期間限定のビール。2002インターナショナル・ベア・コンペティション・ストロングエール部門で金賞受賞。

箱館奉行所麦酒
2010年に五稜郭に復元された箱館奉行所を記念し、明治初期から飲まれていたと言われるビールの味を手探りで作り上げた特別醸造ビール。カラメル麦芽を使い、苦みと香を出した。賞味期限は2週間。

飲み比べ映像

製造会社・店舗概要

株式会社マルカツ興産
住所:函館市大手町5-22 明治館通り
電話:0138-23-8000
設立/開業:1996年12月18日
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:30
ホームページ:http://www.hakodate-factory.com/beer/

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。