">
">2種類の仕込み水を使用した「薄野地麦酒」(札幌市) – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

2種類の仕込み水を使用した「薄野地麦酒」(札幌市)

編集部
Written by 編集部

札幌市すすきので製造されている地ビール。日本海に面する八雲町熊石海洋深層水を使用し無添加の製造に、マイナスイオン水を使用してマイルドな口当たりを実現しました。つまり2種類の仕込み水を使用しているのです。また、ドイツのビール造りから学んだ製法が活かされています。主にドイツで収穫されている大麦麦芽を使用し、世界最古のドイツ醸造所の下面酵母ビール用酵母を使用しています。インターナショナル・ビア・コンペティションで銀賞・銅賞を受賞した商品もあります。すすきのビールは札幌市内の一部のローソンやサンクスでも購入できます。

2種類の仕込み水を使用した「薄野地麦酒」(札幌市)

主な製造ビール

薄野地麦酒は、「すすきのビールピルスナー」(缶・瓶)、「すすきのビールメルツェン」(瓶)、「夕張石炭ビール黒ビール」(缶・瓶)の3種類・一部2タイプがあります。ピルスナーはインターナショナル・ビア・コンペティション2000で銅賞受賞、メルツェンは同コンペティションで銀賞を受賞しました。「夕張石炭ビール」は夕張石炭博物館の企画で誕生した石炭色をイメージした黒ビールとなっています。

飲み比べ映像

製造会社・店舗概要

薄野地麦酒株式会社
住所:札幌市中央区北4条西4丁目1番地
電話:011-563-1121
設立/開業:1998年8月24日
ホームページ:http://susukino-jibeer.com/

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。