">
">大雪山の水を使った「大雪地ビール」(旭川市) – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

大雪山の水を使った「大雪地ビール」(旭川市)

編集部
Written by 編集部

大雪地ビールは、その名にあるように美味しい大雪山の水を活かしたビール。また、原料を輸入に頼らずに北海道産の麦・米・蕎麦粉などを原料に使っています。大雪地ビールは国内最大級のビールコンテストで数々の賞を受賞してきた実績ある地ビールです。2000年にジャパン・ビア・グランプリ、翌年にジャパン・ビア・カップ、2002年にインターナショナルビアコンペティション、2003年に全国酒類コンクールでそれぞれ受賞してきました。

全国的に珍しく製麦技術を持っていることから、技術を農家に譲渡し委託製造に成功、地元の麦をビールの原料として使用することができています。大雪地ビールは、旭川市中心部にある明治時代の歴史的建造物「大雪地ビール館」(2001年12月4日文化財登録)で醸造しており、併設のレストランで食事や地ビールを楽しむことができます。

大雪山の水を使った「大雪地ビール」(旭川市) 大雪山の水を使った「大雪地ビール」(旭川市) 大雪山の水を使った「大雪地ビール」(旭川市) 大雪山の水を使った「大雪地ビール」(旭川市)

主な製造ビール

全国的人気の旭川市旭山動物園の動物たちをパッケージに採用したビール「富良野大麦」「大雪ピルスナー」「ケラ・ピルカ」をはじめ、ヴァイツェンスタイルの「萌芽」、ボックスタイルの「黒岳」といった季節限定品もあります。その他限定商品として、美瑛町産小麦を使った「美瑛小麦ビール」や幌加内町産蕎麦粉を使った発泡酒「そば酔い」などもあり、それぞれ上川地方の特産品を使ったビールとなっています。

大雪ピルスナー
下面発酵で長期熟成させ濾過して仕上げたピルスナータイプのビール。淡色モルト100%とアロマホップ、ビターホップを使用。炭酸が弱めで全体的にすっきりクリアな味わい。全国酒類コンクール受賞ビール、ジャパン・ビア・グランプリ受賞ビール。旭山動物園のホッキョクグマをパッケージに採用。アルコール度数約5%。

ケラ・ピルカ
上面発酵酵母で発酵・熟成させたエールタイプのビール。癖がなく、酵母の風味を生かしたフルーティーな味わいが特徴。インターナショナルビアコンペンション受賞ビール、ジャパン・ビア・グランプリ受賞ビール。アルコール度数約5%。

富良野大麦
麦芽のほか、富良野産大麦と旭川産米を使用した発泡酒。高級アロマホップで爽やかな香りを実現、苦みが少なめでさっぱりしているため飲みやすい。アルコール度数約5%。

萌芽
ほうが。大麦麦芽と、下川町小麦を東川町で独自製麦した小麦麦芽を使用した期間限定ヴァイツェンスタイル。さっぱりしておりフルーティーな香りなので、女性も飲みやすいビール。アルコール度数約5%。

黒岳
アルコール度数約8%の、麦芽を多く使用した期間限定黒ビール。大雪山系黒岳の力強さを表現しており、コクのある味わいが特徴。

飲み比べ映像

製造会社・店舗概要

大雪地ビール株式会社
住所:旭川市宮下通り11丁目1604番地の1
電話:0166-25-0400
設立/開業:1996年1月25日
営業時間:11:30~22:00(大雪地ビール館)
ホームページ:http://www.ji-beer.com/

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。