(写真はイメージです) by photolibrary
(写真はイメージです) by photolibrary小惑星の名前は北海道 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

小惑星の名前は北海道


(写真はイメージです) by photolibrary

 北海道は小惑星の発見数が多いようです。小惑星というのは、特に火星と木星の間に多く見られる惑星よりも小さく太陽のまわりを公転している天体のこと。

 新しい小惑星を発見した場合、仮符号が付けられ、軌道が確定し新小惑星だと確認されると、小惑星センターにより小惑星番号が付与されて正式登録されます。その際、発見者に該当小惑星の「命名権」が与えられるようになっています。

 命名権のある人は自由に名前を付けられますが、英文字で16文字以内、公序良俗に反する名前や登録済み小惑星の名前を付けられないなど、幾つかの条件にしたがって命名していくことになります。最近では発見数が増えつつあり、命名審査ができない状況になってきたこともあって、命名されずに終わる小惑星もあるようです。

小惑星の名前は北海道!

 ところで、小惑星発見者は世界的に見ても日本人が圧倒的に多く、日本名の小惑星名が付けられるケースは珍しくありません。特に都道府県別でみたとき、北海道内の地名が付されている小惑星の数は日本一です。道内のアマチュア天文家が発見する率が高いともいえます。

 道内の地名が付された一番最初の小惑星は、1924年3月7日に発見され、第3473番目に登録された小惑星です。中野主一氏の提案で「SAPPORO(札幌)」と名づけられ、事実上道内の地名で登録された初めての小惑星となります。ただ、発見地が道内でも国内でもありません。

 次に道内の地名が付された小惑星は、1987年10月28日に発見されました。同年12月5日に第3720番目として登録されたこの小惑星は、アマチュア天文家グループの上田清二氏と金田宏氏により釧路市郊外で発見されたものです。

 この新しい小惑星は「HOKKAIDO(北海道)」という名前にすることにしました。これが、道内が発見地の、道民による、道内地名の付された小惑星第1号となりました。ちなみに直径は2~3km、光度16等です。この発見者グループはその後約400以上を発見しています。

 道内の地名や固有名詞を付した小惑星は以下の通りです。これ以外にもあるかもしれませんが、特筆すべき点は、発見地が釧路と北見に集中していることです。これは「HOKKAIDO」を発見した同じグループの人たちがその地方で観測していたから。市町村名ですら道内すべてそろっていないのに、釧路市の幣舞橋、弁天ヶ浜、千代の浦など、道東の細かい地名が多いのもうなずけます。

■道内の地名が付された小惑星の数々
「SAPPORO(札幌)」No3473 1924/3/7 Heidelbergで発見
「HOKKAIDO(北海道)」No3720 1987/10/28 釧路で発見
「KITAMI(北見)」No3785 1986/11/30 高知県で発見
「SHIRETOKO(知床)」No3867 1988/4/16 北見で発見
「OKHOTSK(オホーツク)」No4042 1989/1/15 北見で発見
「KUSHIRO(釧路)」No4096 1987/11/15 釧路で発見
「MASHU(摩周)」No4126 1988/1/19 北見で発見
「KYOGOKU(京極)」No4127 1988/1/25 釧路で発見
「ABASHIRI(網走)」No4263 1989/9/7 北見で発見
「SHIBECHA(標茶)」No4350 1989/10/26 釧路で発見
「BIHORO(美幌)」No4460 1990/2/28 北見で発見
「OTARU(小樽)」No4491 1988/9/7 北見で発見
「AKAN(阿寒)」No4584 1990/3/16 釧路で発見
「AINONAI(相内)」No4585 1990/5/16 北見で発見
「OUMU(雄武)」No4644 1990/9/16 北見で発見
「HOBETSU(穂別)」No4774 1991/2/14 釧路で発見
「DAISETSUZAN(大雪山)」No4839 1989/8/25 北見で発見
「TSUBETSU(津別)」No4845 1991/3/5 北見で発見
「SAROMA(サロマ)」No5059 1988/1/11 北見で発見
「YEZO(蝦夷)」No5114 1988/2/15 釧路で発見
「MOKOTOYAMA(藻琴山)」No5117 1988/4/8 北見で発見
「OKUSHIRI(奥尻)」No5125 1989/2/10 釧路で発見
「NIBUTANI(ニ風谷)」No5135 1990/10/16 釧路で発見
「RUMOI(留萌)」No5139 1990/11/13 鹿児島県で発見
「MOIWA(藻岩)」No5146 1992/1/28 釧路で発見
「MARUYAMA(円山)」No5147 1992/1/28 釧路で発見
「TSURUI(鶴居)」No5215 1991/1/9 釧路で発見
「ONNETOH(オンネトー)」No5294 1991/2/3 北見で発見
「HAMATONBETSU(浜頓別)」No5468 1988/1/16 鹿児島県で発見
「CHIMIKEPPUKO(チミケップ湖)」No5557 1988/2/7 北見で発見
「SHARIDAKE(斜里岳)」No5580 1988/9/? 北見で発見
「RAUSUDAKE(羅臼岳)」No5603 1992/2/5 北見で発見
「WAKKANAI(稚内)」No5960 1989/10/21 鹿児島県で発見
「KAMINOKUNI(上ノ国)」No5978 1989/11/16 北見で発見
「MARUSEPPU(丸瀬布)」No6804 1995/11/16 愛媛県で発見
「KITAHIROSHIMA(北広島)」No12012 1996/11/7 北見で発見
「NAYORO(名寄)」No16463 1990/3/2 北見で発見
「FUUREN(風連)」No16507 1990/10/24 北見で発見
「ESASHI(枝幸)」No9368 1993/1/26 鹿児島県で発見
「NAGANUMA(長沼)」No15350 1994/11/3 Yatsugatake South Baseで発見
「YOICHI(余市)」No5176 1989/1/4 釧路で発見
「AMANOGAWA(上ノ国町天ノ川)」No6247 1990/11/21 北見で発見
「SHUMARINAIKO(朱鞠内湖)」No16525 1991/2/14 北見で発見
「SHOWASHINZAN(昭和新山)」No8874 1992/10/26 北見で発見
「PIYASHIRIYAMA(ピヤシリ山)」No16466 1990/3/29 北見で発見
「BENTENGAHAMA(弁天ヶ浜)」No5293 1991/2/23 釧路で発見
「CHIYONOURA(千代の浦)」No5686 1990/12/20 釧路で発見
「ERIMOMISAKI(襟裳岬)」No5331 1990/1/27 北見で発見
「HARUTORIKO(春採湖)」No5848 1990/1/30 釧路で発見
「SORACHI(空知)」No16594 1992/10/26 北見で発見
「Shosanbetsu(初山別)」No6158 1991/11/12 道外で発見
▼その他の道内関連名称
「NUSAMAIBASHI(幣舞橋)」No4459 1990/1/30 釧路で発見
「OHDOHRIKOUEN(大通公園)」No5970 1991/5/13 札幌で発見
「TOKEIDAI(時計台)」No5069 1991/8/16 札幌で発見
「SEKIHOKUTOUGE(石北峠)」No5631 1993/3/20 北見で発見
「TANCHOZURU(丹頂鶴)」No5064 1990/3/16 釧路で発見
「MARIMO(マリモ)」No4494 1988/10/13 釧路で発見
「GINGASEN(ふるさと銀河線)」No5474 1988/12/3 北見で発見
「OOZORA(特急おおぞら)」No5214 1990/11/13 北見で発見
「HOKUTOSEI(特急北斗星)」No5374 1989/1/4 北見で発見
「CONSADOLE(コンサドーレ札幌)」No7777 1993/2/15 釧路で発見
「KAMUIMINTARA(カムイミンタラ)」No4410 1989/12/17 釧路で発見
ほかに、ミマツダイヤグラムのMIMATSU、松浦武四郎のMATSUURA、毛利衛のMAMORUといった人名もある。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。