学ぶ

北海道三大名橋をご存じ? 豊平橋・旭橋・幣舞橋

北海道三大名橋をご存じ? 豊平橋・旭橋・幣舞橋

 北海道には数々の「三大○○」が存在しています。今回はその中からひとつの ネタを。橋に関する名所です。俗に「北海道三大名橋」と呼ばれます。現在、 「三大」に指定された頃の橋の形を残しているのは旭橋のみで、その他はいずれも 時代の流れに伴って架け替えが行われてしまいました。旭橋、幣舞橋はおすすめ します。

1.札幌市豊平橋は今じゃ普通の橋……

 札幌市中心部から程近い豊平川にかけられている橋(国道36号線)。札幌から 苫小牧方面への幹線道路でもあり、交通量がとっても多い橋として知られています。

 当初、豊平川にはじめてかけられた橋は丸太でできた橋でした。しかし不安定で、 いくらかけても流されました。そこで1875年、ライマンの提案で橋を完成。洋式の木造 の橋でホルトが設計に携わりました。しかしすぐに洪水で壊滅、ホイラーによって橋が かけられましたが、また不安定な時期になりました。1898年、いよいよ鉄の橋を岡崎 文吉の設計で完成したものの、結局洪水の被害にあいました。このようにして豊平川 を渡す橋の歴史は悪戦苦闘でした(20~30回ほど架け替えがあったとか)。

 1924年、永久橋の構想が持ち上がった結果橋が完成しました。当時最新技術を 駆使して作られたもの、次第に渋滞が深刻化し、多くの橋と同様架け替えすることに なります。昭和41年、現在の豊平橋が完成します。旧式の橋はタイドアーチ(3つの アーチ)でしたが、現在はそんなおしゃれはされておらず、普通の橋になってしまいました。 もちろんそれが三大名橋といえるものではなく、旧式の三連アーチ橋が三大名橋だった ということです(あえて見に行かれるなら止めませんが、見ても感動はありません)。

(北海道開発局札幌開発建設部)

2.旭川市旭橋……頑強な橋

 曲線が美しい橋。だけど無機質な鉄というイメージです。旭川市は無数の河川が 合流する街という地理的要因で、橋の数は半端じゃなく、その数は750超とも言われ ます。その中でもシンボル的な橋となっているのが石狩川を渡す旭橋。旭川市の 南の市街地と北の住宅街とを結ぶ重要な橋(国道40号線・旭川八景)です。

 橋の長さは226m。ロッキングカラムやタイといった特殊な技術が施されています。 橋の色も時代とともに変わり、1932年はフェイサイド・グリーン、平成10年以降は オリーブ・グリーンとなっています。

 もとは1982年に現在の位置に橋が作られたのが最初です。1894年には前身 となる「鷹栖橋」をかけ、1904年に初代旭橋(鋼道路橋)が完成しました。1932年 には現在の旭橋にかけかえられました。旭川市電の軌道もありましたが、廃止に 伴って撤廃されました。橋からは放水が行われることがあります。

 現在の旭橋は先ほど書いたように1932年完成のもので古い橋です。道路は 片側1.5車線のようになってしまっていますが、橋を渡る道路は本来片側2車線。 橋の部分だけちょっと狭い思いをしています。

(北海道開発局旭川開発建設部旭川道路事務所)

3.釧路市幣舞橋……幻想的なロマンチックブリッジ

 これ何と読みますか?「ぬさまいばし」。
 はじめてかけられたのは1889年という道内でも古い橋のひとつです。建設当時は 「愛北橋」で、北海道で最も長い木の橋でしたが、民営であり、9年ほどで倒壊して しまうのでした。初代の幣舞橋は1900年に誕生し、石川啄木が釧路へやってきた 際にこの橋を渡ったことで知られています。

 ちなみに幣舞とはその地名の名前。初代もやはり9年で倒壊してしまいました。 2代目はさらに悲惨でわずか6年。3代目は9年のみの利用でした。4代目、ようやく 永久橋という名目で4年かけて建設し、この4代目で「北海道三大名橋」になりま した。北海道ではじめて鉄筋コンクリートを使用し、現在に近い橋の形になりました。 しかし50年経って老朽化や交通渋滞緩和の目的で5代目が必要となりました。

 現在1976年完成のその5代目であり、国内で初めて橋の欄干に彫刻が置かれ ました。それは「四季の像」と呼ばれ、春夏秋冬それぞれのブロンズ像が合計4体 置かれています。4つとも製作者が違います。

 橋は大変広く片側三車線、歩道も広く取ってあります。釧路十景にも選ばれ、 ライトアップされた幣舞橋は大変幻想的です。橋の東端にはロータリーが置かれ、 そこが国道38号線の終点、逆方向は釧路駅へのメインストリートとなっています。

 ここの橋の全景は、よくテレビにも映し出されます。特に地震発生後の"津波"状況 の際に、この橋と下を流れる旧釧路川(平成13年以降釧路川)を放映します。 釧路市市街地と武佐・春採のある東部地区を結ぶ重要な橋のひとつとなっています。

(北海道開発局釧路開発建設部釧路道路事務所)

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。