トピックス

ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

何か新しいことをはじめたり、気分を一新したりしたくなる春。そんな季節だからこそ、ワンランク上のライフスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。何も生活のすべてを変える必要はありません。たとえば上質な椅子をひとつ手に入れるだけで、自ずとそこで過ごす特別な時間が生まれ、きっと気持ちも変化していくはずです。

今回はそうした上質な家具を求め、旭川市に本社を置くCONDE HOUSE(以降カンディハウス)にお話しを伺ってきました。

▼カンディハウス本社・工場・旭川ショップ(写真提供:カンディハウス)
ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

創業者がデンマークの港で誓ったこと

▼説明してくださったカンディハウス マーケティング本部の染谷哲義本部長と渡辺薫恵(まさえ)さん
ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

1968年に誕生した「株式会社インテリアセンター」がカンディハウスのはじまりでした。

創業者の長原實さんは、1963年に旭川市海外派遣技術研修生として当時の西ドイツに赴きました。3年9ヵ月の期間中、家具メーカーやキャビネット工場、ドイツ国立木材技術大学など、さまざまなところで研修しながら家具づくりやデザインの技術を身につけました。

研修期間中のあるとき、デンマークの港で小樽から輸入されたたくさんの木材を見た長原さん。そこで、旭川の良質な木材が大量に海外に流れ、その木材で造られた家具が日本に輸入されているという事実を知ったのです。そのとき「いつか旭川の木で家具を造り海外に輸出する」と長原さんは心に誓ったのだそうです。

▼カンディハウスの歴史が詰まった「カンディハウス ヒストリールーム」は誰でも閲覧可能
ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

西ドイツでさまざまな知識を取得した長原さんは、日本に戻り、旭川市木工工芸指導所に勤務します。そこで、さらに家具やデザインについて学び、いろいろな人からの支援を受け1968年9月にインテリアセンターを立ち上げたのです。

長原さんが学んだヨーロッパ家具の象徴は椅子。インテリアセンターでは、北欧家具のテイストを取り入れつつも日本風にデザインした椅子を中心に製造しました。さらには価格も輸入家具よりリーズナブルに抑えました。

しかし、その頃の家具メーカーの多くは婚礼箪笥が主力商品。椅子を中心とした家具を製造する長原さんは異端児として扱われ、スタート時はまったく売れなかったといいます。

その頃、「こういう家具なら北海道ではなく東京だよ」という札幌の建築家からのアドバイスをもらい、思い切って新宿の百貨店に売り込んでみました。それがひとつの転機となり、徐々にデザインや質の良さが受けて今日に至っています。

来年50周年を迎えるカンディハウスは、日本全国のみならず、世界各地に販売拠点を展開するまでになりました。「いつか旭川の木で家具を造り海外に輸出する」と誓った創業者長原さんの思いは、着実に実現していっているのです。

▼良質な木材のよい香りが漂っている製造工場
ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

家具選びで大切なのは「生活のイメージ」

▼仕上げはすべて手作業で行われています
ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

マーケティング本部の染谷さんは「当社の家具はお子さん、お孫さん、さらには何代も長く愛着を持ってお使いいただきたいと考えています。購入していただいた時点からお客さまとの長いお付き合いがはじまっているんです」とおっしゃいます。

最近では、家具を修理・再生しながら長きにわたって使い続ける人も増えてきているとのこと。まさに、「良いものを長く」という欧米の家具の考え方が根付いてきているようです。

▼カンディハウス旭川ショップは約1,660平方メートルの広さ
ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

染谷さんに家具選びのコツについても伺ってみました。

「まず、その家具を暮らしの道具として使って生活するイメージを描いてみてください。自分自身のイメージや好みをクリアにした上で販売員と相談すると、より具体的なアドバイスが得られるはずです。特に椅子の場合は、実際に座ってみることが重要です。自分のお尻の体温が返ってくるほど長く座ることで、ご自分との相性を確かめてみてください」

おすすめしたいカンディハウスの上質な家具たち

カンディハウスの素敵な家具たちから、リビングシーンでお使いいただくイージーチェアを紹介していきましょう。これらの椅子にゆったりと座り、読書したり物思いにふけったりする自分の姿をイメージしてみてください。

ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

①TACK LUX リビングイージーチェア
札幌在住の中村昇氏によるデザインで、北海道産のタモ材を使い、背と座には北海道砂川市にある日本唯一の馬具メーカー「ソメスサドル」の厚革を張った、「オール北海道」のチェアです。
サイズ:巾830 奥625 高705 座高385 肘高525(mm)
価格:340,000円(税別)

②TACK LUX リビング オットマン
サイズ:巾620 奥460 高390 座高370(mm)
価格:128,000円(税別)

③ロトス リビング 角テーブル43×43
「蓮(LOTUS)」のように、サイズ展開で重ねたり離したり、並べ方でいろいろな表情が楽しめます。天板は北海道産シラカバの積層合板。そのエッジの美しさを際立たせる角度にもこだわりが。ナラ、ウォルナット、リノリウムの3種類が用意されています。
サイズ:巾430 奥430 高450(リノリウム455)(mm)
価格:ナラ46,500円(税別)、ウォルナットとリノリウム48,500円(税別)

ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

④KAMUY リビング イージーチェア(木背)
深澤直人氏によるデザインの「KAMUY」シリーズです。安楽椅子の「いちばんいい角度」とやわらかさを背と座で追求。たっぷりと広くぬくもりある質感の木背に加えて、クッション性のある背張タイプも用意されています。
サイズ:巾705 奥650 高730 座高385 肘高575(mm)
価格:143,000円~177,000円(税別)

⑤KAMUY リビング スツール
イージーチェアとの組み合わせを考えてデザインされたスツールは、シンプルに見えてイージーチェアとの統一感が出るように、貫の高さを揃えるなど計算されています。単体でも、いろいろな場面で使える取り回しのしやすいサイズとデザインです。
サイズ:巾590 奥410 高380(mm)
価格:52,000円~72,500円(税別)

⑥スプリンター サイドテーブルφ35
支柱が3本に裂けて脚になっているテーブル。繊細な印象のまま、十分な強度を確保しています。身軽なサイズで、ソファー横やデスク脇など多様なシーンで活躍。テーブルトップは、お皿のようにややエッジをがもうけられクラフト感が演出されています。
サイズ:直径350 高450(mm)
価格:35,000円(税別)

ワンランク上のライフスタイルを目指してCONDE HOUSEの家具はいかが?

⑦tosai LUX リビング イージーチェア
tosai LUX[トーザイ ラックス]はドイツ人デザイナー、ペーター・マリー氏が、鮮やかに描き出して見せたニッポン。空間としての家具を捉え、シンプル&ミニマムに、明瞭かつ力強い造形で表現されています。
サイズ:巾740 奥605 高720 座高410 肘高700(mm)
価格:137,500円~186,500円(税別)

⑧チャレンジ リビング コーヒーテーブルφ37
同じくペーター・マリー氏が手掛けた「チャレンジ」シリーズ。コーヒーテーブルは、天板の縁や、脚との接合部にデザイナーのこだわりが見える一品。
サイズ:直径370 高500(mm)
価格:ナラ58,000円、ウォルナット61,000円

上質な家具をお買い求めの際は、北洋銀行のフリーローンがおすすめ!
カンディハウスでワンランク上の椅子や家具を買うと10万円を超えることも。一度に支払いが難しい場合は北洋銀行のフリーローンがおすすめですよ!
詳しくはこちら
カンディハウス旭川
所在地:旭川市永山北2条6丁目
電話:0166-47-9911
営業時間:10時~17時30分
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)、夏季・年末年始
ホームページ

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。