学ぶ

レンガ生産量日本一!江別がレンガの街になった理由とは?

道内各地の特産品や地場産業の話題をお伝えする連載「北洋銀行のこの街紹介」。今回は、江別市からお届けします。

江別といえばレンガの街、というのは北海道民にはよく知られている事実。2004年には北海道遺産に選ばれており、江別の街を歩けば、レンガ造りの建物がたくさん。江別とレンガの関係、その歴史を紐解いていきましょう。

北海道開拓を支えたレンガ

▼日本工業規格のレンガ(21cm×10cm×6cm)
レンガ生産量日本一!江別がレンガの街になった理由とは?

北海道におけるレンガの歴史は古く、1856(安政3)年には現在の函館市で製造されていたという記録が残っています。1877(明治10)年頃には札幌市にも民営のレンガ工場ができ、やがて旭川市にも広がっていきました。江別で最初にレンガ工場ができたのは、1891(明治24)年のこと。

▼初期は「登り窯」と呼ばれる窯で製造(写真提供:江別市セラミックアートセンター)
レンガ生産量日本一!江別がレンガの街になった理由とは?

当時の北海道はまさに開拓の時代とあって、建築用材としてレンガは大量生産されていきます。最盛期の1950(昭和25)年の江別には、野幌駅を中心に実に15社もの工場が操業していたというから驚きです。

▼昭和に入るとほとんどが輪環窯に(写真提供:江別市セラミックアートセンター)
レンガ生産量日本一!江別がレンガの街になった理由とは?

時代の変化に負けない、江別のレンガの秘密

しかし、戦後はレンガ需要の減少に伴い、工場もどんどん閉鎖されていきます。現在では、道内の主要な生産地は江別市の野幌のみ。本社及び工場を北海道内に有する会社となれば3社だけになりましたが、今でもレンガ生産量日本一を誇っています。

▼3社のうちのひとつ、米澤煉瓦株式会社
レンガ生産量日本一!江別がレンガの街になった理由とは?

それにしても、どうして野幌のレンガ製造は失われずに残ったのでしょうか。1939(昭和14)年創業の米澤煉瓦株式会社さんに教えていただきました。

「やはり原料となる、良質な粘土が採取できたことが大きな理由でしょうね。さらには野幌駅は夕張鉄道の最終駅ですから、夕張の炭鉱から燃料となる石炭を手に入れやすかったことも考えられます」

現在、米澤煉瓦株式会社では200種類ものレンガを作ることができるのだとか。たとえば札幌市内なら、北3条広場に敷き詰められたレンガはすべてこの会社で作られたもの。広場を歩く時には、ちょっと思い出してみてくださいね。

レンガにまつわるあれこれを探索!

さて、レンガの街江別には、レンガにまつわるさまざまなものがたくさんあります! まずは、食べられる“レンガ”からどうぞ!

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】