クローズアップ 学ぶ

道民は風邪をひいたらコレを飲む!医薬品ドリンク「エゾエース」とは?

編集部
Written by 編集部

道民は風邪をひいたらコレを飲む!医薬品ドリンク「エゾエース」とは?

 エゾエース。道民ならご存知の方も多いでしょう。ネーミングからして北海道らしい商品の一つです。ドラッグストアで医薬品ドリンク剤として販売されています。道民は風邪をひいたらエゾエースを飲むという人も多いようです。

エゾエースとエゾウコギ

 エゾエースは、札幌市に本社を置き道内を中心にチェーン店ツルハドラッグを展開するツルハホールディングスが限定販売します。道外店舗でも販売しますが、やはり需要が多いのが道内とのことで、北海道ならではの商品の一つといえるでしょう。

 エゾエースは、50ml入り4本セット1575円で販売されることが多い医薬品ドリンクです。ラベルは黄金色で、カタカナで「エゾエース」と書かれています。風邪をひいたときに、風邪薬と一緒に飲むと効果があり、また風邪の予防としても飲むことができます。

 エゾエースには、エゾウコギという薬草が含有されており、これが前面に押し出されています。この薬草は北海道特有の植物で、免疫効果が特に高いとされています。

 さらにこのエゾエースの特徴の一つとして、栄養ドリンクのほとんどは、服用後に急に脱力感が生じることがありますが、エゾエースにはそれがあまりない、元気が持続するということでも知られます。味は普通の栄養ドリンクに近い味ですが、ほんのり苦みが感じられます。

最初は売れなかったエゾエース

道民は風邪をひいたらコレを飲む!医薬品ドリンク「エゾエース」とは?

 エゾエースは、永寿(本社:本別町)が抽出したエキスを使用し、エゾウコギを使った製品を製造するヤクハン製薬(北広島市)が製造しています。1990年ごろに疲労回復ドリンク剤として発売するも、当初は売れずに一時販売をやめたことがあるという経歴を持ちます。

 しかしその後に風邪薬と一緒に飲むと早く治せる(かも)という医薬品ドリンク剤として売り出したところ、徐々に人気を呼び、ヒット商品になりました。大手製薬会社が販売するでもないローカル栄養ドリンク剤としては、国内最大販売数を誇る「エゾエース」、今度風邪ひいたら飲んでみては?

エゾエースを購入する(Amazon)

「新・滋養強壮エゾエース」利用のしおり:
ツルハドラッグで販売。栄養ドリンク類の冷蔵棚に陳列されています。1本50ml。4本セット1575円、1本単独でも525円。製造販売元はヤクハン製薬株式会社(北広島市北の里27)。第3類医薬品。成分と分量は1本で、エゾウコギ乾燥エキス200mg(原生薬として3000mg)、リボフラビン(ビタミンB2)3mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)20mg、ニコチン酸アミド50mg、イノシトール100mg、L-アスパラギン酸カリウム・L-アスパラギン酸マグネシウム300mg、無水カフェイン50mg、パラベン(添加物)、香料(添加物)。ビタミンB2のため服用後に尿が黄色くなることがあります。効能・効果:滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、食欲不振、栄養障害、発熱性消耗性疾患、産前産後などの栄養補給。服用は成人15歳以上1日1ビン。しばらく服用しても症状の改善が見られない場合は服用を中止し、この製品を持って医師・薬剤師に相談してください。

写真:laufen克

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。