クローズアップ トピックス

年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

編集部
Written by 編集部

忘年会や新年会など、年末年始はなにかと暴飲暴食しがち。気がつくとお腹がぽっこりしてしまった……なんてことも。付いてしまったお肉に気づいたときには後の祭り。増やすのは簡単でも減らすのは難しい体重をなんとか戻したい!

そこで、今年9月26日にリニューアルオープンしたフィットネスクラブライフステージ(以下、ライフステージ)のトレーナー桑原基志さんにお話を伺いました。

年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

▼桑原基志さん
年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

▼明るい雰囲気のフロント
年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

▼シャツやパンツ、ソックスなども購入可能
年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

▼ジム(写真提供:フィットネスクラブライフステージ)
年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

▼プール(写真提供:フィットネスクラブライフステージ)
年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

▼ホットヨガ(写真提供:フィットネスクラブライフステージ)
年末年始太りを解消しよう!フィットネスジムに聞く健康維持のコツとは

正しい知識を得てダイエットを

今やネットなどでもダイエットの情報が溢れていて、何を信じて何をやればよいのかわからなくなっている方も多いと思います。

そんな状況から、闇雲にダイエットに取り組むことに警鐘を鳴らす桑原さん。「さらにダイエットは間違った知識で行うと危険です。ありがちなのが『誰でも簡単にできる』とか『たったこれだけで』と言った謳い文句。個人個人で合う合わないがあるし、はやりものに飛びつくのではなく、痩せやすい体づくり、太りづらい体づくりを心がけるようにしましょう」というようにしっかりしたダイエットが大事とのこと。さらに強調するのが、食事を取らないのは絶対にNGということ。極端に野菜ばかり果物ばかりを摂取していると、体重は落ちるかもしれませんが太りやすい体質になってしまうのだそう。

バランス良く栄養を摂りながら体づくりをしていくのは、やはり知識がないとなかなか難しそうです。「そういう時こそ僕たちプロに頼っていただきたいのです」という心強い言葉を受け、実際に桑原さんがトレーナーを務めるライフステージではどのようなことが行われているのか、見学させていただきました。

「ライフステージでは、誰にでも無料でトレーニングメニューをお作りしています。体の変化や時間の都合などによってメニューを見直したい場合も、気軽にお声がけいただければ、トレーナーが相談に乗ります」(桑原さん)

ジム、スタジオ、プールがいつでも利用できるレギュラー会員、ホットヨガがいつでも利用できるHOTレギュラー会員、それらすべてがいつでも利用できるマスター会員など、15種類以上のプランが用意されています。自分のやりたいことやライフスタイルにあわせて無理のないプランを選ぶのが長続きするコツだそうです。

ちなみにライフステージでは、年間契約をすると約1ヶ月分の会費が無料となる割引特典もあります(レギュラー会員は税込98,964円、HOTレギュラー会員が税込95,388円、マスター会員が税込119,232円)。

ジム、プール、ヨガ、どれを選べばいいの?

プランを選ぶといってもいろいろあって選べない、自分にはどれがあっているのかわからない、という方のために桑原さんからアドバイスをいただきました。

「痩せたい、あるいは体力をつけたい人へのオススメはジムですね。体重のある方や高齢の方など、運動による負担を軽減したい人はプールがオススメです。また、もともと心のリラックスを目的として生まれたヨガですが、ダイエットによるイライラを抑えたり、体幹を鍛えたりする効果があります。中でもホットヨガは、室温38℃から40℃、湿度55%から60%の部屋で行うため、汗をかきやすい環境で老廃物を出すデトックス効果があります」(ただし、ライフステージではホットヨガは女性限定)

「運動するときの衣服は、たとえば動きやすい半袖のTシャツとハーフパンツなどで、通気性のよいものを選びましょう。また室内シューズも必要です。ランニングマシーンで長時間走りたい人はランニング用の靴もあった方がよいかもしれません」

継続は力なり

桑原さんによれば、最初はやる気があっても、仕事が忙しいなどの理由で長続きしない人も多いのだとか。

「やっているうちにだんだんとマンネリ化してきたり、思ったように効果がでなくて落ち込んでしまったり、続かない理由はさまざまで、僕にもよく理解できます。そんな時は、運動を変えることによって気持ちを切り替えましょう。結果が出ないと思っていても体の中では確実に変化が起きているので、新しい刺激によってまた体重が落ちはじめることもあります。継続は力なりです」

ちなみに年末年始は暴飲暴食しがちな時期ですが、桑原さんによれば毎日のカロリー摂取を考えるのではなく、1週間単位で考えるようにすればよいのだとか。またお酒を飲むならワイン、焼酎、ウイスキーなどがよいそうで、カロリーが高いビールは控えた方がよいということなので、覚えておきましょう。

いずれにせよ、バランス良く栄養を摂り、健康的に汗を流すのがいちばん。フィットネスクラブでプロの力を借りながら、効率よく体づくりを進めていくのが理想の自分への近道なのかもしれません。

<北洋銀行リビングローン>
ジムの費用に身の回り品と、意気込んだもののお財布が心許ない……からといって諦めては、いつまでたっても変われません! 北洋銀行のリビングローンなら、施設利用費や身の回り品の購入にも利用できるので、一度相談してみては? 今年こそ、正月太りに打ち勝ちましょう!
北洋銀行リビングローンの詳細はこちら

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。