「函館氷」。いまや聞くことすらなくなったものです">
 「函館氷」。いまや聞くことすらなくなったものです">函館氷が全国的人気だった明治時代 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

函館氷が全国的人気だった明治時代


 「函館氷」。いまや聞くことすらなくなったものですが、明治時代には全国に流通し、当時の函館を潤しました。今回はそんな函館氷とは何かを紹介しましょう。(写真はイメージです)

函館氷とは?

 函館氷とは、冬季に函館の五稜郭外堀の天然氷を切り出して販売したものです。明治時代初期に、愛知県(三河)出身の中川嘉兵衛氏が函館豊川町に氷室を新設し、製氷を手がけました。(それ以前にもブラキストンなど道で採氷していた記録があります)

 それ以前、将来製氷業が必要になると確信した中川氏は、良質な採氷ができる土地を求めて富士山、諏訪湖、日光、釜石、青森と北上を続け、最終的に製氷環境に適した函館に落ち着いたというわけです。函館では雪や不純物を含むことがない良質さ、十分な厚さの氷を産出できました。

 函館では1867年の最初の1回(七重浜)は失敗し、富士山麓から数えて通算7回目の1869年、五稜郭にて成功に至りました。1870年、函館氷室から600tを東京に海運し販売しました。

 当時の広告を見ると「氷室会社」の中川嘉兵エと書かれています。販売初年度はまだ函館氷のほうが高かったようですが(輸入氷10銭・函館氷12銭)、価格を下げていき、本格販売時には600g4銭で販売しました。

函館氷が成功した秘訣

 函館氷は良質な氷であると評価され、また当時台頭していた輸入氷(ボストン氷)と比べて割安だったこともあり、よく売れました。1872年には函館天然氷として新聞広告を打ち出し、本格的な販売がスタートしました。これにより、輸入氷を玉砕し、1873年には輸入氷が販売されることもなくなりました。

 函館氷は高品質だっただけでなく、函館港が近く、船便で全国に配送できたことも成功の秘訣でありました。後に中国、韓国などアジア各国にも輸出を開始しましたが、函館港が国際港だったこと、氷切り出しや運送のための冬場の労働力を得ることができたこと、また、北海道開拓使から1873年以降5年間専売許可を得ることができたのも強みになりました。

 しかし、機械製氷が普及していくと次第に衰退。函館氷が全国的に出回ったのは約20年間の間だけでしたが、函館に富をもたらしました。また、それまで特権階級だけが利用していた氷を、一般庶民までも利用できるようにしたのが函館氷といわれています。1874年ころには函館氷のかき氷ブームも起こりました。

 その後、函館氷に便乗して、製氷会社が全国に起こりました。開拓使による五稜郭専売許可が満了すると、函館や近郊でも製氷業が盛んになりました。中には函館氷を語りながら粗悪品も多く、1878年、国は産地表記を義務付けることにしました。

 そのほかに貢献したことといえば、冷却して症状を改善することができるようになったこと、肉製品の冷却輸送が可能になったことから、すき焼きが誕生するようになりました。国内産氷の誕生は、当時画期的なことでした。

現代の氷の原型

 函館氷は現在の氷販売の原型になった部分があります。たとえば「氷」と書かれた旗。中川嘉兵衛は看板や商品デザインに龍の図柄「龍紋氷」を入れていたようです。現在も水流模様が描かれている氷の旗の原型が函館氷だったとされます。一方、「官許-氷-中川氷室」という販売店を下に表記する氷旗の原型もこのころにできたとされます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。