学ぶ

歴史ある坂道が多い函館西部地区

編集部
Written by 編集部

 函館市西部地区は函館山の山麓に位置するため、坂道が多い地形になっ ています。しかもそれぞれ名前が付いていて、命名の由来や歴史もある坂 が並んでいます。今回は函館市西部地区の約20の坂についてです。

 いずれの坂も、函館山方面から函館港方面へ下るほぼ直線の坂となって います。ですから、坂の上からの景色だと、函館港をも望みますし、坂の 下からだと、沿道の建築物や函館山を見上げる景色になります。坂によっ て、上から見る景色が綺麗か、下から見る景色が綺麗か、が異なります。

歴史ある坂道が多い函館西部地区

基坂

歴史ある坂道が多い函館西部地区  「基坂(もといざか)」は、函館市の坂では最も有名な坂の一つで、函館 の坂を代表するものです。函館市街地の道作りの基礎となった坂です。道 路を作る際に距離を測るのに使う里程元標の木柱が立っていたことから命 名されました。 

 そして基坂近辺は歴史ある地区です。道内や道南の歴史を通じて政治の 中心地となってきました。室町時代1454年に道南12館の一つ「箱館」が築 かれたのですが、その場所は基坂の上でした。これが函館の命名の元にな り、函館発展の基礎を築きました。

歴史ある坂道が多い函館西部地区

 江戸時代以降には亀田番所、函館奉行所が置かれ、明治時代には開拓使 支庁、道内3県時代には函館県庁、北海道庁函館支庁(後に渡島支庁)もおか れていました。坂を登りきった上にお役所があったことから、別名「お役 所坂」「御殿坂」と呼ばれてきました(現在行政の中心は移転しています)。

 現在、坂の上には旧函館区公会堂があり、石畳の幅広いおしゃれな基坂 とともに観光名所となっていますが、かつては、このあたりが中心地であ ったというわけです。

八幡坂

歴史ある坂道が多い函館西部地区

 テレビCMでロケ地として採用されるなど、景色の美しさで有名な坂の一 つ「八幡坂(はちまんざか)」。函館八幡宮が火災で焼失、移転するまであ ったことから名づけられた坂です。この坂も石畳・直線で、街路樹のある 下り坂の先に函館港及び青函連絡船摩周丸を望む絶景ポイントです。夜景 も美しい坂です。

大三坂

歴史ある坂道が多い函館西部地区

 「大三坂(だいさんざか)」は、1987年8月3日に建設省「日本の道百選」 に選定された坂です。狭い坂ですが、観光スポットが密集している坂でも あります。特にカトリック元町教会、ハリストス正教会、聖ヨハネ教会が あり、異国情緒あふれる道となっています。命名の由来は、かつて坂の入 口に宿泊施設を経営する大三印義兵衛が住んでいたためだとか。

 その上には「チャチャ登り」があります。珍しくアイヌ語由来で「おじ いちゃん」という意味です。誰もが腰を曲げるように登る急な坂だったた め命名。けっこう狭い坂で石畳です。

その他の坂

歴史ある坂道が多い函館西部地区

 函館西部地区の坂をリストにしてみました。順番は西から東へ並んでい ます。観光ガイドなどでは以下の合計19本の坂が紹介されることが多いで すが、他にも桜坂など知られていない坂もあります。特に基坂や八幡坂近 辺の函館港を望める坂が人気があります。観光客が訪れる人気の坂は函館4大坂、つまり、基坂、八幡坂、大三坂、二十間坂くらいです。

魚見坂(うおみざか)魚群を見ることができた場所であったことから命名。かつて台町があったため「台町の坂」と呼ばれた。
船見坂(ふなみざか)港を出入する船を見ることができる船見町から命名。坂の上の称名寺から「称名寺の坂」と呼ばれた。
千歳坂(ちとせざか)「松陰坂」と呼ばれた。神明社千歳の松から命名。
幸坂(さいわいざか)海岸を埋め立ててできた地名「幸町」から命名。坂上の山上大神宮から「神明坂」と呼ばれた。
姿見坂(すがたみざか)遊郭の遊女たちの姿が見られたことから命名。
常磐坂(ときわざか)伝説の松にちなみ常緑針葉樹「常盤」から命名。坂上の山之上遊郭から「見返りの坂」「芝居町の坂」と呼ばれた。
弥生坂(やよいざか)大火直後に整備され、繁栄を願って命名。実行寺や称名寺から「寺坂」と呼ばれた。
東坂(あずまざか)浄玄寺下方を浄玄寺坂、上方を白鳥坂と呼ばれたが、一本化された後はこの寺の東側にあった白鳥坂から命名。
基坂(もといざか)道路建設の起点となったことから命名。官庁が密集していたことから「お役所坂」「御殿坂」と呼ばれた。
日和坂(ひよりざか)坂上から天気の判断ができたことから命名。
八幡坂(はちまんざか)函館八幡宮があったことから命名。
大三坂(だいさんざか)宿屋経営の大三印義兵衛さんから命名。それ以前は木下さんから「木下の坂」と呼ばれていた。
チャチャ登り(ちゃちゃのぼり)大三坂の上にあり、アイヌ語「おじいちゃん(チャチャ)」のように腰を曲げた姿勢で登ることから命名。
二十間坂(にじゅっけんざか)防火帯で道路幅二十間(約36m)から命名。かつて大工が多く住んでおり「大工町坂」と呼ばれた。
南部坂(なんぶざか)坂上に南部藩の陣屋があったことから命名。かつて坂下にあった丸井今井から「丸井さんの坂」と呼ばれた。
谷地坂(やちざか)谷地頭方面へ続く道ということから命名。
護国神社坂(ごこくじんじゃざか)坂上にある護国神社から命名。護国神社旧称から「招魂社の坂」「汐見坂」「倒産坂」とも呼ばれた。
あさり坂(あさりざか)米国人が貝塚を発掘した際あさりの貝殻から命名。
青柳坂(あおやぎざか)町名から命名。「聖天坂」「春日坂」とも呼ばれた。

 こんな長短大小様々、それぞれ違う歴史と個性あふれる表情。そして、 沿道にある洋風の歴史的建造物。函館に行った際は坂めぐりをしてみるの もいいでしょうね。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。