旅する

池田駅前にあるモニュメント「ワインオープナー」はなぜ逆回転なの?

編集部
Written by 編集部

池田駅前にあるモニュメント「ワインオープナー」はなぜ逆回転なの?

【池田町】根室本線・池田駅を降りてすぐ、池田駅前広場の左手にあるのが、ワインオープナーの巨大なモニュメントだ。池田町といえばワイン。ワインの街に来たんだな~と感じさせるモニュメントだ。しかし、よーく見てみてほしい。気づく人は気づくかもしれないが、実はちょっと違和感のあるモニュメントなのだ。

デザイナーが作った高さ4mのワインモニュメント

このワインオープナーのモニュメントは1995年に制作・設置された。デザインしたのは、造形作家で空間デザイナー・鈴木尚和氏。ナスエンジニアリング株式会社とともにデザイン、施工した。モニュメントはステンレス製で、高さ4m、上部パイプの最大幅も4mある。螺旋パイプと上部のパイプがモーター駆動で1分2~4rpm回転する仕掛けになっており、回転によりコルクが抜ける演出が仕込まれている。

ワインモニュメントのスクリューが実は逆

ステンレス製で、鏡面のように美しいモニュメントだが、よく見ると、その螺旋パイプが逆になっている。通常、時計回りで回転させることで、コルクに突き刺さるのだが、このモニュメントはスクリューが逆回転になっているのだ。町民でもほとんどの人が知らないというこの逆回転ワインオープナーモニュメント。注意深く見ないと気付くことはないに違いない。

池田駅前にあるモニュメント「ワインオープナー」はなぜ逆回転なの?

その真相は不明?

しかし、どうして逆回転になっているのだろうかという疑問がふつふつと湧き上がる。この点について、池田町や池田町観光協会は、わからないの一点張り。それもそのはず、比較的最近に指摘されて気づいたという。それならば、設置当時には誰も気づかなかったのだろうかということも気になってくる。

逆回転になっている理由については謎に包まれており、(1)デザイナーのメッセージや遊び心、(2)左利き用のオープナー、など諸説あるというが、町や観光協会としては真相は不明という。ただ、作者が向きを間違ったということはない模様。

ということで謎は深まるばかりだが、池田町に行く際は、池田駅前広場のワインオープナーモニュメントの逆回転にも目を留めていただき、気づいたことがあれば教えていただきたい。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。