学ぶ

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

世界の産油国はサウジアラビアなどの中東諸国に集中し、砂漠の中に建てられた鉄塔の先で赤々と燃える炎の風景を思い浮かべる人も多いことでしょう。

そんな暑い国のイメージからかけ離れた北海道の石狩市に、かつて道内最大級の産油量を誇った石狩油田がありました。この油田は、昭和中期に操業を終えましたが、現在でも石油や天然ガスの湧き出しが続いています。純国産の石油が札幌の北部に位置する隣町・石狩で見られるなんて驚きですよね!

思いがけない情報から冒険心に火がついたところで、早速、現地に向かってみましょう。

オイルラッシュ時代を想像し、思いを馳せながら進む奥の細道……

札幌市内から国道231号線を北に向かい、石狩市八幡(はちまん)地区まで約1時間。そこから道道81号線を当別町方面に進み、札幌スコットヒルゴルフクラブの看板が見えたら左へ。道道527号線に入り高岡地区へ向かいます。ここまではわりと快適なドライブコースで、美しい水田や田畑が広がるのどかな田園風景が続いています。

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

ニンジンやジャガイモの産地としても知られる高岡地区から五の沢地区へ入りほどなくすると、右手に『普通林道五の沢線』という木製の看板があるので見逃さないで。

ここが石狩油田に続く一本道。入口はいたって普通の(?)山道ですが、対向車が来たらゾッとするほど狭い一車線。奥に行くほど木々の生い茂る圧迫感がありますが、舗装されているだけでもありがたく感じます。

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

ヒグマなどの野生動物や野鳥がお住まいになっているという五の沢ダムを通過し、さらに奥へ10分。民家はおろか、あまりにも何もない道で少々不安になりますが、まずは右手に見えてくる小さな石段を発見! 車から降りると、どこからともなく漂う石油の匂いで、ここが特別な土地柄だと感じることができます。

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

一歩一歩、歴史を遡る心持ちで上がると、かつてこの場所にあった「八の沢小学校の門」跡と、「石狩油田 八の沢鉱業所跡」の碑、ここから見える山々が油田のまちであったことを物語る地図が建てられていました。

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

ただし、この地図を参考にして辺りを見渡しても、当時あった施設の形跡や距離感がまったくわからないというオチもありますが、地図の横にある「火気厳禁」の厳重な注意書きを見つけると、ただただ山間の道を走行していただけなのに、いつの間にか油田地帯に足を踏み入れてしまったのか!という戦慄を感じるかもしれません。

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

とにかくここでは、ライターなど火の出るものは絶対に使わないことが鉄則です!

幕府の役人が海岸で見つけた油が石狩油田開発のスタート! 一大産業の幕開けに

江戸時代末期の1858(安政5)年。幕府の役人だった荒井金助が、石狩の海岸線に油が染みだしていることを発見し、試堀をしたことが油田の初めて物語。しかし、この時代のボーリング作業はうまくいかず、試堀をしただけに終わりました。

1903(明治36)年には、横浜のインターナショナル石油会社が、本格的な油田の開発に乗り出します。1911(明治44)年になると、油田は日本石油株式会社に譲渡され順調に操業が続きました。

1928(昭和3)年は、さらに大規模な事業に進みます。汲み上げられた原油は、八の沢鉱業所からパイプを使った油送が始まり、石狩川の空中はワイヤロープを渡して経由させ、現在の手稲区にあった北海道製油所まで送っていたのだとか!

現在の静かな石狩川の風景(八幡地区側から撮影)。鮭が遡上するだけではなく、石油産業を担う川だったとは。

札幌近郊に道内最大級の油田があった?今も原油が湧き出る「石狩油田」

石狩油田に携わった企業や延長30kmに及ぶ送油管のスケールなど、戦前の話とは思えない大がかりな産業だったことがうかがい知れます。ここで製油された石油は、道内各地や遠く樺太まで供給していたそうです。

筆者について

上坂由香

上坂由香

北海道札幌市出身。ぶらりひとり旅が大好きなエッセイスト。主に競走馬や旅先で見つけた素敵な風景を文字の中に綴っています。赤提灯を見つけると、自動的に入店してしまうクセが治りません。