学ぶ

ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

小清水原生花園は、オホーツク管内小清水町のオホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)に挟まれた、長さ約8キロメートル、広さ約275ヘクタールの細長い砂丘です。

6月から8月にかけて、クロユリやエゾスカシユリ、ハマナスなど、約40種の野生の花々が咲き競い、その間を国道244号とJR釧網線が縦走する絶好のロケーション。さらに国道沿いの園地と夏季限定の駅が隣り合っているなど立ち寄りやすく、毎年多くの観光客でにぎわいます。

原生花園の花を守るため、枯草や牧草を焼く

その小清水原生花園が毎年、彩りの季節を迎える前に「火入れ」と呼ばれる野焼きを行っていたことを知っていましたか? 火入れは原生花園の植生を促すため、花々の生育を妨げる牧草や枯草を焼く事業。原生花園風景回復対策協議会が1993年から行ってきました。

▼原生花園の植生を妨げる枯れた草や牧草
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

2018年の火入れは5月10日の早朝5時から始まり、約3時間かけて15ヘクタールを焼きました。

この小清水原生花園の火入れ。実は毎年見学希望者がいるそうですが、関係者と報道機関以外は立ち入り禁止で、火入れの時間は周辺の国道244号を交通規制。規制区域外から眺望できる高台もないため見学はかないません。そこで、今回は北海道ファンマガジンが密着取材をしましたので、これまで秘密のベールに覆われていた火入れの一部始終をご覧ください。

その前に少しだけ、火入れが始まった経緯に触れておきます。振り返ると、小清水原生花園の花は1970年代から減り始め、80年代にはほとんど見られなくなる事態となりました。

原因は環境の変化です。60年代までは釧網線を蒸気機関車が走っていたため、火の粉で野火がたびたび発生していましたし、馬の放牧も行われていて牧草が生い茂ることはありませんでした。

しかし蒸気機関車や馬が姿を消し、加えて周辺河川の改修によって砂丘に砂が運ばれなくなったことも影響して、原生花園の着花が減ったと考えられています。その対策として火入れ事業が始まりました。もう25年前のことです。

小清水原生花園の火入れ現場からレポート!

5月10日、午前4時30分。気温は3度。防寒着と防塵マスクを装備した人々が続々と集まってきます。

▼火付け班が装備するガスバーナー
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

火入れの実行部隊は、同協議会の小清水町やオホーツク総合振興局、網走南部森林管理署、JR北海道などから構成された総勢100人以上。

ガスバーナーを持って火を付ける「火付け班」と、ジェットシューターを背負って事前散水や消火を行う「シューター班」、そしてスコップを持って消火の補助をしたり、ガスバーナーで火付けの補助をしたりする「スコップ班」に分かれ、それぞれ3名1組で編成されています。

今回火を入れるのは国道244号よりオホーツク海側の斜面で、全長1.5キロメートルに及ぶ15ヘクタール。この火入れエリアの東西には各7メートル幅の防火帯が設けられ、下刈り(草刈り)をしたり枯草を取り除いたりすることで炎の広がりを防ぎます。よく燃えるように、しかし延焼や事故は絶対に起きないよう、細心の配備が敷かれているのです。

また、火入れの対象全エリアは原生花園全体の4分の1に当たる66ヘクタールで、これを4区画して毎年1区画ずつローテーションしながら焼いていきます。この方式だと雨天中止になった年があっても4~5年のうちには火入れができるわけです。

▼斜里地区消防組合の職員と消防団員が待機
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

消防車が配置に就くと、最初に出動したのはシューター班です。それぞれジェットシューターを背負って斜面を登り、線路の枕木や電柱の周辺など、火がついてはいけない場所に散水をします。

▼火除けのための事前散水を行うシューター班
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

火の勢いもすごいが、各班の連携もすごい

5時。1回目の火入れが始まります。

火付け班15名が100メートルおきに並んで待機。そこへ「点火を開始してください」のアナウンスが流れると、15か所で炎が上がり始めました。

▼火が付けられたとたんに広がる炎
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

速い! 火の足は速い。炎が生きもののように斜面を這い上がっていきます。もうもうと立ちのぼる白煙はダイナミックで思わず息をのむほど。炎が去ったあとは黒い焼け跡が残り、バチバチという音だけがしばらく鳴り続けていました。

▼国道244号沿いの斜面が勢いよく燃える
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

5時30分。たった30分足らずで、国道から線路までの斜面は焼け野原と化しました。

やがて「消火開始」の合図が届くと、またもやシューター班の出動です。まだ煙が上がっている場所や、線路の枕木と電柱の周辺に散水をし、水がなくなると給水車から補給して、また斜面を駆け上がっていく。「このジェットシューター重いんだよ。満タン20リットルだから」という言葉を残して……。

▼シューター班とスコップ班が消火中
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

▼事前の下刈り(草刈り)により電柱への延焼を阻止
ベールに包まれてきた小清水原生花園の春恒例事業「火入れ」に密着

筆者について

浜岡あけみ

浜岡あけみ

1985~96年まで札幌市の広告制作会社でコピーライターとして勤務した後、フリーランスに。現在、ひがし北海道を拠点として執筆中。