ここ数カ月、道内各地で「街コン」が盛んです。札幌、函">
 ここ数カ月、道内各地で「街コン」が盛んです。札幌、函">出会いを求める方必見!道内に勢いよく広まる「街コン」 – 北海道ファンマガジン
トピックス

出会いを求める方必見!道内に勢いよく広まる「街コン」

編集部
Written by 編集部

 ここ数カ月、道内各地で「街コン」が盛んです。札幌、函館、旭川、帯広、釧路など主要都市で既に行われたり、これから予定されています。出会いの場でありながら、地域活性化としても期待されています。

 まずは「街コン」。この言葉の説明が必要という方も少なからずいるでしょう。街コンとは、地域に密着した大規模な合コンイベントを行うもので、小規模な合コンに対して、参加人数が百人単位、千人単位となるのが特徴です。これだけの人数であるため、複数の飲食店が貸切提供され、飲み歩きや食べ歩きができるものになります。したがって、商店街や飲食店の活性化、地域振興、話題作りといった地元への恩恵と、日本が抱えてきた未婚率・少子化の解決にも貢献するとされています。

 こうした街コンは2004年に栃木県で開催されたのが発祥とされ、2011年後半から全国で急増、道内にも波及しています。

 道内では、2011年10月以降何度か開催している「エゾコンMAX」(実行委員会主催)が話題になりました。札幌市中央区ススキノ地区の活性化も兼ねて2011年10月22日に第1回を開催。予想以上の約700人が参加し、キャンセル待ちが出るほどの大盛況でした。2012年1月8日に2000人に増えた第2回を開催し盛り上がりを見せています。

 2012年2月11日に函館市本町地区で初開催された「函コン(HAKODATE街GO!コン)」(jam函館主催)では200人以上が参加。18日には大門地区で20店舗以上が参加した「ハコパ」(実行委員会主催)も開催されました。

 札幌や函館での成功以降も、続々と街コンイベント開催が発表されています。旭川市では、中心部をフィールドに「あさコン」(実行委員会主催)が2012年4月7日に1000人規模を予定して開催されるほか、さんろく街の飲食店を舞台に「36GO(さんろくごー)コン」(365実行委員会主催)が4月29日に開催。こちらの36GOコンは2月11日開催の第一回もキャンセル待ちが出るほどの好評だったとのこと。

 こうした各地域ごとの開催に続き、主要都市同時開催の街コンも計画されています。開局30周年を迎えるAir-G'(FM北海道)が初めて開催する「Gコン」です。札幌市、函館市、旭川市、帯広市、釧路市の道内5都市を舞台に、2012年5月17日に開催されます。参加者は札幌3000人、他4都市が600人ずつ、合計5400人という前代未聞の規模に。3月12日に申し込みを開始したところ殺到しているとのこと。

出会いを求める方必見!道内に勢いよく広まる「街コン」

道内で開催される/された主な街コン
※人数は当初予定(募集)人数。
2011年10月22日「エゾコンMAX」札幌市/600名
2012年 1月 8日「エゾコンMAX」札幌市/1000名
2012年 2月11日「函コン」函館市/300名
2012年 2月18日「36GOコン」旭川市/600名
2012年 2月19日「スキコン」札幌市/500名
2012年 2月18日「ハコパ」函館市/400名
2012年 4月 7日「あさコン」旭川市/1000名
2012年 4月14日「エゾコンMAX」札幌市/3500名
2012年 4月29日「36GOコン」旭川市/1000名
2012年 5月13日「スキコン」札幌市/1200名
2012年 5月17日「Gコン」札幌市・函館市・旭川市・帯広市・釧路市/5400名
2012年 5月27日「札コン」札幌市/1000名

 道内で着実に広がりを見せる「街コン」。地域の人たちとの出会いの場に、地域活性化に、今後も盛り上がること間違いなしです。気になった方は、お近くの街コンに参加してみては?

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。