"> ">コーチャンフォーには国内最大級のミスドとドトールコーヒーがある?! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

コーチャンフォーには国内最大級のミスドとドトールコーヒーがある?!

【札幌市・旭川市】 札幌や釧路、旭川、北見の方にはおなじみ、全国最大級の超大型複合店「コーチャンフォー」(株式会社リラィアブル=釧路市)。広大なフロアに書籍・文具・CDなどの商品を中心に陳列する巨大ショッピングセンターとして知られている。書店としてのイメージが強いコーチャンフォーだが、一方で、広大な面積を誇るミスタードーナツ店舗やドトールコーヒー店舗を併設しているという一面もある。

そんなコーチャンフォーには、国内最大級のミスタードーナツ、同じく国内最大級のドトールコーヒーの店舗があるのだが、ご存じだっただろうか。それは、札幌ミュンヘン大橋店に入るミスド(写真)と、旭川店に入るドトールコーヒーである。それぞれ、どれだけ広いお店なのだろうか。

200席近い座席を有する広いミスド

リラィアブルの店舗に限定して言うなら、ミスタードーナツはコーチャンフォー3店舗とリラブ2店舗、合計5店舗に入居している。ミスタードーナツで座席数100席になればそれだけでも広い店舗だと実感するが、道内にはそれをはるかに凌ぐ店舗が幾つか存在する。

1997年10月9日、コーチャンフォーとして最初にオープンした札幌美しが丘店に入居したミスタードーナツは、喫煙席36席を含む100席であった。2001年10月1日には釧路店が移転オープン、ミスタードーナツが入居した。座席数は喫煙席48席を含む140座席で、国内最大級の座席数だった。

これでも十分広い店舗であったが、2004年9月27日に札幌ミュンヘン大橋店がオープンすると、さらに広い店舗が誕生することになった(2004年9月24日先行オープン)。座席数は喫煙席118席を含む180座席で、約400m2の店舗面積と合わせ、少なくともオープン当初は全国最大(一部で世界最大級とも噂された)の店舗として注目された。

出入口は駐車場側1か所と書店側からの合計3か所。実際に店舗に入るとその広さに驚く。ショーウィンドウで商品を選んで5つほどあるレジで会計を済ます。平日の日中でも並ぶことがある。同店の店内はカフェレストラン調のデザイン。喫煙席とはガラス枠で区切って分煙がなされており、緑・赤・茶などの座席で色分けされる。とにかく広く区画が多いので、どこに座っていいのか迷ってしまうほどであった。

約140座席を有する広いドトールコーヒー

全国最大級のドトールコーヒーもやはりコーチャンフォーにあった。2010年9月13日にオープンした旭川店に入居したドトールコーヒーは、138座席を設置、これは全国最多の座席数となった。翌2011年10月14日にオープンした北見店にもドトールコーヒーは入居。136座席であり、こちらも国内有数の広さを誇る。いずれもモダンでおしゃれな空間でコーヒーを楽しむことができる。


全国最大級の広さを誇るコーチャンフォー。そこに入居するミスタードーナツやドトールコーヒーもそれにふさわしい日本最大級の広さであった。本選びに疲れたら、本を購入したら、これら開放感あるお店で一休みするのがオススメだ。是非北海道らしい広い店内に入っていただきたい。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。