トピックス

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

北海道の北東部、オホーツク総合振興局の西北端に位置する人口約千百人の西興部村。「日本有数のサイバービレッジ」を証す全村全戸光ケーブルは、IT、AIが進む今日、産業や暮らしの発展に不可欠なものとなっている。

そして西興部村の変わらぬ思い「村民の夢叶う村づくり」。村の充実した支援制度や、取り組みは「若い世代の定住」という応えが出始めている。小さい村だからこそ、村をどうするべきかを知っている。ハードもソフトも充実している村「最先端を行くいなか西興部村」の時代が始まる!

西興部村の5つの夢施設。

西興部村では森夢(リム)、花夢(カム)、木夢(コム)、IT夢(アトム)、里住夢(リズム)の5つの夢施設が大活躍中。目が離せない! 小さな村のこれから!

森の美術館 木夢(コム)

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

「見て、触れて、遊んで、作って、考えて」をテーマに、子どもの創造力を育むおとぎの国。木のゆうえんちやサンタワールド、木工教室、2泊3日の制作合宿ウッディースクールなど充実した展示とアクティビティのある美術館です。

森の中のホテル 森夢(リム)

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

吹き抜けの大きなガラス窓が印象的なホテル森夢。観光やビジネスだけでなく、西興部村に全国から訪れるハンターたちも利用します。隣接する公民館、図書室と廊下で続く開放感のあるロビーは、村民の社交場にもなっています。

道の駅フラワーパーク 花夢(カム)

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

4月から10月の間、約400種類もの花が途切れることなく咲く花夢。観光客だけでなく村民にとっても季節の花を探索したり、花の情報交換をしたりと素敵な時間を与えてくれるスポットです。

マルチメディア館 IT夢(アトム)

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

光回線普及率100%の村として、全戸に光ケーブルをひき、主要施設でのWi-Fi利用を可能にしているIT夢。ほかにもケーブルテレビ局、プロバイダ業務など村のマルチメディアを担っています。

観光・子育て支援センター 里住夢(リズム)

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

観光客と地域住民とのふれあいや交流、観光などの情報発信・子育て支援の拠点です。地域情報等の発信を効果的に提供していきます。

夢がつくる地域力。

それぞれの夢がパワーとなり、動き出す。人がつながり協働が始まる。小さな村が夢という可能性に向かって動き出す。それが西興部村の地域力をつくるエンジンだ!

西興部村には、シカという産業ジャンルがある。

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

村の約9割を森林が占め、400m程度の標高をもって激しく起伏する山岳地帯である西興部村は、エゾシカの生息地でもあります。

このエゾシカを「地域の資源」として有効活用する取り組みを早くからすすめ、「猟区」として管理する試みは、時間と経験を経て村の産業となりました。ハンティング、養鹿研究、エコツーリズム、シカ革クラフト、環境教育、シカ肉料理メニュー開発など、有効活用が日々思索されています。

最先端のいなかで村民が見る夢。

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

地域情報化政策で、積極的に取り組んだ村のサイバービレッジ化。急激に進んだIT化は、村の未来を創造するという「IT夢」の役割を、より明確にしました。ITの推進は、産業のスタイルを大きく変え、テレワーク、教育システムなど、生活をより充実、充足させてくれます。

最先端のいなかはダイバーシティ。

西興部村は、“最先端”を行く“いなか”である。

村にあるそれぞれの夢。猟区管理協会という仕事や活動、酪農、ゲストハウス、ギター作り、福祉従事。多様な価値観の夢と可能性が、この村には溢れています。それぞれの叶えたい夢は,村の未来となり、地域力という大きなエンパワーメントを創造していきます。西興部村は、その実現に向けて充実した助成制度で移住を応援しています。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。