学ぶ

国内最古のニュータウンがある?

 都市の郊外に住宅用として宅地を開発・造成するというニュータウンは、 道内にも広く見られます。その先駆けといわれる団地が道内にあります。 今回はニュータウンや団地のおはなしです。

国内最古のニュータウン大規模団地「道営大麻団地」

 それは江別市にあります。市内で最も札幌に近い地区である大麻地区に は、今も集合住宅の団地が並びます。この地域では、札幌市のベッドタウ ン造成を目指す1963年の新住宅市街地開発法に基づいて、翌年1964年(昭 和39年)に大麻地区で造成がはじまりました。

 計画では、面 積は215ヘクタール、地域人口は2万7千人、戸数約7000戸でした。造成前 には畑が広がっていた地域がいまは住宅地になっています。造成開始の2 年後には大麻駅が誕生、利便性も向上、人口が急増しました。

 道営大麻団地は、集合住宅(主として4階建て程度のマンション)と一戸 建ての2種類で構成されています。造成開始から10年後には2万人を超える ようになりましたが、人口は減少し、同世代が一斉に入居したこともあり、 現在は江別市内最高といわれる高齢化問題が浮上してきています。造成か らすでに半世紀がたとうとしているわけで、建物・町並みは古くなってい ます。

 ちなみに、1960年以降開発が本格化した真駒内団地も、国内最古のニュータウン大規模団地群のひとつといえます。

道内のニュータウン・団地

 有名なニュータウンは、札幌市南区真駒内の「道営真駒内団地」、厚別 区の「もみじ台団地」「ひばりヶ丘団地」があり、江別市大麻団地と同じ ような新住宅市街地開発法に基づく郊外型ニュータウンには、石狩市の 「花畔団地」、北広島市の「北広島団地」が、一般住宅のニュータウンで は、札幌市平岡やあいの里、恵庭市の恵み野、小樽市望洋、岩見沢市幌向 などがあります。

 厚別区の「もみじ台団地」は、新札幌駅に近い丘陵地にある集合住宅群 です。相次ぐ空知地域の炭鉱閉山などを理由に札幌市に流入する人たちを 受け入れる目的で1967年に造成されました。中国残留邦人が多いという特 徴もあります。これは、帰国者定着促進センターが所在することに由来す るもので、身元詳細が分からない人は札幌市に住むように指示されました。

 地下鉄真駒内駅に近い南区の「真駒内団地」は、1972年の札幌冬季オリ ンピックの選手村として造成された別名「五輪団地」を含む団地群で、今 は一般に入居できる公営住宅です。ちなみにそれ以前から団地群は形成されていました。

 近年の土地区画整理事業による大規模なニュータウン団地は、札幌市北 端の「あいの里」であり、面積約380ヘクタールという大規模なものでし た。1980年~1990年までに造成され、北海道教育大学札幌校などが移転し てきました。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。