トピックス

利尻昆布がキャラクター「リッキー」に!立体マスコット限定販売

編集部
Written by 編集部

利尻昆布がキャラクター「リッキー」に!立体マスコット限定販売

 利尻島近海で採れる利尻昆布がキャラクターに。利尻町の書店が利尻昆布にちなんだオリジナルキャラクター「リッキー君」を考案し、立体マスコットとして販売している。

利尻町の書店が考案

 オリジナルキャラクター「リッキー」を考案したのは、利尻町沓形の本庫屋書店。モチーフは一等昆布、青いゴムガッパにねじりハチマキ、利尻山を思わせるとんがり頭。両腕には赤い力瘤があるが、これは昆布とかけている=「力こ(ん)ぶ」。

利尻昆布がキャラクター「リッキー」に!立体マスコット限定販売

 今でこそ、利尻島にある利尻町・利尻富士町にはそれぞれ公式キャラクターが存在する。利尻富士町はシマリスの「りっぷくん」「りっぷちゃん」が有名で、利尻町は2011年春に公募129件の中から「りしりん」が最優秀賞に選ばれている。

 しかし、リッキーが考案された2008年ころは、まだ利尻町にはキャラクターがいなかった。それで何か島おこしのために作りたいと思ったのがリッキー誕生のきっかけだ。まわりからも「奥さん、考えてみたら」と勧められ、漁師町なのでかわいい系よりは力強い感じのするキャラを考え出したという。

利尻昆布がキャラクター「リッキー」に!立体マスコット限定販売

 町のキャラクター一般公募では落選してしまったというが、本庫屋書店では、リッキーを立体マスコットにした島おこし観光応援グッズを、株式会社パル・コーポレーション(江別市)と協力して制作した。当初は濃い緑色で描いていたというリッキーだが、「よい昆布は黒い」というアドバイスで黒光りするキャラクターとしてグッズを制作した。

利尻昆布がキャラクター「リッキー」に!立体マスコット限定販売  現在、リッキーグッズは、(1)立体マスコット付きストラップ、(2)立体マスコット付き耳かき、(3)アクリルマグネット、として販売中。立体マスコットのサイズは縦横約25mm、背中に「利尻」の文字入り。立体マスコットは480円、マグネットは320円で、利尻町の本庫屋書店でしか手に入らない。利尻観光の新しい土産品としていかが。


▼本庫屋書店
利尻郡利尻町沓形字緑町8番地
沓形バスターミナルより徒歩で2分
TEL:0163-84-3280
営業時間:9:00~21:00、1/1休業

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。