学ぶ

札チョンと札幌みそラーメン

 いまや死語ともいわれる「札チョン」。かつて札幌で生活するある人た ちのことを指して呼ばれた言葉です。札幌みそラーメンと何のつながりが あるのでしょうか。

札チョンとは

 「札幌チョンガー」の略語です。1950年代後半以降本州大手企業の札幌 支店開設が相次いだことにより、会社員の多くが妻子を残して札幌に単身 赴任してきたのです。札チョンとはそんな男性のことを指しています。チ ョンガーというのは、朝鮮語で独身男子(総角)という意味です。

 「札チョン族」という言葉はそのころ、ススキノ地区ではじめて使われ るようになり、それが広まるきっかけとなったのは週刊誌や、吉行淳之介 氏「札幌夫人」(1963年)という小説であるといわれています。とはいえ、札チョン は明治の開拓時代から見られました。岩村通俊が東京に妻子を残して札幌 本府開拓のため札幌にやってきたのです。

 現在も札チョンという名前を残しているのが「札チョン共和国」です。 これは何かというと、札幌の単身赴任者で1985年に結成されたのが前身の グループです。重松清氏「お父さんエラい!単身赴任二十人の仲間たち」 でも登場しています。

札幌みそラーメン生みの親

 1963年末、待望の「みそラーメン」が開発され発売されました。醤油味 がメジャーであり、味噌味のラーメンというのはそれまでなかったのです が、みそラーメンを生んだのは札チョン族のおかげともいえます。

 札幌の老舗ラーメン店「味の三平」に1950年代後半、単身赴任の男性客 つまり札チョンが多く訪れていました。それで家庭の味、特に味噌汁がほ しいという声に応えて「豚汁」が登場。続いてある客が豚汁に麺だけ入れ てほしいというので「豚汁ラーメン」が登場。

 そんなわけで、味噌味のラーメン開発がスタートしたというわけです。 しかし当時の麺はまっすぐだったし、ラードが原因でスープに幕を作って いて熱さを保っていたことで、ふーふーしたので、その間スープが落ちて しまうのでした。そこでスープを保持するために西山製麺とともに縮れ麺 を考案し、この「札幌縮れ麺みそラーメン」が全国的に有名になっていき ました。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。