学ぶ

札幌市営地下鉄の運転手はここで育てる!動力車操縦者養成所に潜入!

北海道ファンマガジンでは、これまでに札幌市交通局のご協力の下、札幌市営地下鉄のあれやこれやを調べてきました。(札幌市営地下鉄連載まとめはこちら)そこで、はたと気づいたのです。地下鉄を運転する人は、果たして運転手なのか、運転士なのか? そして誰もがなりたいと思えばなれるものなのか? 気になるあれこれをお聞きしてきました。

地下鉄を運転するためには

札幌市営地下鉄の運転手はここで育てる!動力車操縦者養成所に潜入!

疑問の答えから書いてしまうと、地下鉄を運転する人のことは運転士もしくは運転手といい、札幌市交通局では運転手と呼んでいます。ちなみに、法的な正式名称としては、動力車操縦者というのだそうです。動力車操縦者は、単に研修を受ければなれるというものではなく、国家試験を受け、動力車操縦者運転免許証を手にしないと運転することはできません。

▼これが運転免許証
札幌市営地下鉄の運転手はここで育てる!動力車操縦者養成所に潜入!

国家試験を受けるためには、鉄道事業者が指定した採用試験などに合格してから「動力車操縦者養成所」に入所し、所定の教習を受ける必要があります。ここでは、鉄道に関する法規、利用者に対する接遇、緊急時の対応、負傷・病気の応急手当など、運転の技術以外についても会得する必要があり、それはかなり厳しいものなのだそうです。

動力車操縦者運転免許や、動力車操縦者養成所については、「動力車操縦者運転免許に関する省令」にさまざまな規定が定められています。詳しく知りたい人はこちらのリンクから省令をご覧下さい

札幌市交通局の動力車操縦者養成所

動力車操縦者養成所は、上記の「動力車操縦者運転免許に関する省令」の規定に基づき、動力車の操縦に関する講習を行うことのできる施設として国土交通大臣に指定された施設のことです。鉄道各社には、動力車操縦者養成所として認定された養成機関があり、国家試験に通るための講習だけでなく、鉄道会社ごとの規則などを教育しています。

▼入口横には「動力車操縦者養成所」の看板が
札幌市営地下鉄の運転手はここで育てる!動力車操縦者養成所に潜入!

もちろん札幌市交通局にも動力操縦者養成所があります。今回、特別なお許しを得て札幌市交通局の動力車操縦者養成所を取材させていただきました。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】