トピックス

鉄のまち室蘭は「鉄」で盛り上げる!鉄の製作体験で復権目指すテツプロ

石簾マサ
Written by 石簾マサ

「鉄のまち」と言われている室蘭。小学校の授業でも習ったと思いますが、室蘭と言えば製鉄を連想する方も多いでしょう。そんな室蘭市を、まちのイメージである「鉄」を使って盛り上げていこうと取り組んでいる団体があります。室蘭市の現状と団体の取り組みについて取材しました。

「鉄のまち」の歴史

古くから鉄道が敷かれ、大きな港があった室蘭は、物資や製品の輸送などの面から、製鉄所を作るには最適の場所でした。1909年に、砂鉄と鉄鉱石との混合による日本最初の製鉄をはじめたのが輪西製鐵場、現在の新日鐵住金(株)です。

▼湾の向こう側に見えるのが新日鐵住金(株)の工場
鉄のまち室蘭は「鉄」で盛り上げる!鉄の製作体験で復権目指すテツプロ

戦争時、製鐵・製鋼所は国の管理下で操業していましたが、1945年の空襲と艦砲射撃により室蘭は火の消えたような状態になってしまったと言います。

しかし、天然の良港を背景にいち早く平和産業に転換し、重工業地帯として復興の道を歩みはじめました。昭和40年代には人口が18万人以上になりましたが、産業構造の変化などにより、昨年(2016年12月末)には87,000人となっています。

そのような室蘭をなんとかしたい、という思いで町おこしをはじめた団体があるということで、話しを伺ってみることにしました。

復権のために立ち上がったNPO法人

2004年、「鉄のまち室蘭」の復権を願って地元若手有志が企画した、「鉄」を使ったものづくりイベント「アイアンフェスタ」が開催されました。このイベントでボルトやビスやナットを溶接して人形を作る体験コーナーを設けたところ、体験よりも人形に人気が集まり、人形は買えないのかという声がイベント後にたくさん寄せられたそうです。

そこで、この人形をイベントとして終わらせず、「鉄のまち」らしい土産品として何とかしようと立ち上げたのが、てつのまちぷろじぇくと(現・NPO法人テツプロ、以降テツプロ)でした。

▼ボルト、ナット、ワッシャーなどで作成されたボルト人形「ボルタ」
鉄のまち室蘭は「鉄」で盛り上げる!鉄の製作体験で復権目指すテツプロ

室蘭工業大学の真境名(まじきな)准教授と工大生がデザインを考え、ボルトやナットでできた人形が製作されました。ボルト人形の名前は公募され、「ボルタ」と命名。テツプロは、「ボルタ」を作り販売するための「ボルタ工房」を市内輪西町にオープンさせました。

「ボルタ」のおもしろいところは、単にかわいいだけではなく、ひとつひとつにストーリーがあって、購入するとそのストーリーが読めるようになっていることです。ちなみに「ボルタ」は室蘭在住の10代の男の子だそう。

▼輪西町にあるボルタ工房
鉄のまち室蘭は「鉄」で盛り上げる!鉄の製作体験で復権目指すテツプロ

▼ここでボルト人形「ボルタ」が製作販売されている
鉄のまち室蘭は「鉄」で盛り上げる!鉄の製作体験で復権目指すテツプロ

最初は15種類でスタートした「ボルタ」ですが、毎月5種類ずつ増やしていき、今では130種類以上にまでなりました。ボルタ工房だけでなく市内の道の駅やホテルなどにも販売網が広がり、鉄を使った室蘭市の代表的な土産品として定着。全国的に注目されています。

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】