学ぶ

完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

札幌市民にとってはそこにあるのが当たり前で、もしかしたら空気のような存在になっているのかもしれない札幌市時計台。観光客がうれしそうに記念撮影をしているのを横目で見ながら、ただ足早に通り過ぎるだけの場所になっていませんか? でも、改めてその成り立ちを問われたら、はっきりとは答えられないという人も少なくないはず。

そこで今回は、時計台の歴史をクローズアップ。知ってみれば、明日から時計台を見る目が変わるかも。

完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

いつできたの? 誰が建てたの?

▼建設当初の貴重な写真
完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

まずは正式名称から。時計台は、実は改名した過去があります。現在の正式名称は「札幌市時計台」ですが、建設当初から1998(平成10)年までは「旧札幌農学校演武場」とされていました。

札幌農学校といえば、言わずと知れた北海道大学の前身。かの有名なクラーク博士の提言により、時計台は農学校生徒の兵式訓練や入学・卒業式を行うための講堂として建設され、1878(明治11)年10月16日に完成しました。

▼時計台外壁にある「演武場」と書かれた看板
完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

▼2階の屋内にも看板が。ただし、これらは当時のレプリカ
完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

ちなみに完成当初は今より少し北側に位置し、しかも時計塔はありませんでした。

▼当初と現在の位置の違い
完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

▼元の演武場跡を示す石碑
完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

完成から数日後、農学校のホイーラー教頭はニューヨーク市にあるハワード時計商会に塔時計を注文します。ただ、翌1879(明治12)年に届いた時計機械は、予想以上に大きなものでした。これを設置するとなると大がかりな改修と費用が必要ということで、当時建設中だった豊平館に設置することも検討されました。

▼お馴染みのこの時計塔、別の建物に設置されていたかも!?
完成当時は時計塔がなかった?「札幌市時計台」の知られざる歴史

しかし、ホイーラー教頭は力説します。演武場に塔時計を付けることの意義、そしてそれを札幌の標準時刻とすることの重要性を。この説得に黒田清隆開拓長官は心を打たれ、完成間もない演武場の時計塔を作り直し、時計機械が据えられたのです。こうして1881(明治14)年8月12日、塔時計は一里四方に鐘の音を響かせ、札幌市民に正しい時刻を伝えはじめました。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】