トピックス

白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

苫小牧市は「アイスホッケータウン」や「氷都」と呼ばれ、昔からアイスホッケーが盛んな街として知られています。

大正時代から続き、現在はトップリーグに所属するアイスホッケーチーム「王子イーグルス」のホームリンク、そしてスマイルジャパン(アイスホッケー女子日本代表)の試合会場としても使用されている白鳥王子アイスアリーナ。こちらで年に一度だけ、とても不思議な光景が見られるイベントがあると話題になっていたので、早速行ってきました。

まるでウユニ塩湖!?

▼白鳥王子アイスアリーナ
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

「白鳥王子アイスアリーナ"水鏡"見学会」と題されたこちらのイベントは、年に一度のリンクの解氷作業に合わせて2018年にスタート。好評のため、2019年にも開催されました。

アリーナの中に入ると、まず普段とは違う様子に驚きます。

私は何度もアイスホッケーの試合を観に行ったことがあり、当然その時は人が沢山いて会場も明るいのですが、見学会では照明が暗めでとても静まりかえっていました。いつも凍っているはずのリンクも、溶けて水になっています。

▼いつもより暗いアリーナ
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

少し不気味な雰囲気すら感じながらも指定の場所にたどり着くと、そこからは天井の照明と骨組みが水面にくっきりと映り込み、とても幻想的な光景が……!

▼観客席から見ても、水面に反射している様子がわかる
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

行ったことはありませんが、まるであのウユニ塩湖のようで、アリーナの広大な空間とも相まって別世界に来たような感覚になりました。

▼魚眼レンズで撮影すると、まるで異空間のように!
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

▼波ができると水面に映る世界も揺らぐ
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

年に一度ということは、普段はずっと氷が張りっぱなしということなのでしょうか? 色々気になったので、ここからは施設の管理をしている公益財団法人苫小牧市体育協会の浅田幸広さんにお話を伺います。

リンクはどうやって作ったり、溶かしたりする?

―― 毎年いつ頃解氷作業をしているのですか?

浅田:その年によって日程は変わりますが、原則的には3月31日にリンクが営業終了、7月1日から営業開始なので、4月に入ってから氷を溶かしていきます。

―― 解氷作業以外で氷を溶かすことはありますか? また、どうやってメンテナンスをしているのでしょうか?

浅田:リンクを作る際にまず厚さ20mmの基礎氷を作りその上にラインテープを貼りますが、基礎氷は1年間同じ氷なので営業期間中に溶かすことはありません。氷の下は6つのコンクリートで構成されていて、王子イーグルスのロゴマークは直接そちらにペイントされています。

▼リンクの中心に王子イーグルスのロゴマーク
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

氷の厚さは全体で45mmになりますが、月に一度の休館日の前夜(深夜)から35mm程度まで削り、散水を繰り返して新しい氷を乗せます。貸切の合間を見て作業が出来る時間があれば、氷厚の調整は計画的に実施していますね。

―― 解氷作業の手順を詳しく教えてください。

浅田:計画的に氷厚を薄くしていくのですが、全営業の終わる1、2時間前から2台ある冷凍機を1台づつ停止して冷却を弱めていきます。全停止してから氷厚を25mmまで削り、自然解凍で溶かしていきます。

氷が全て溶けた状態になると、照明の光によってリンク部分が巨大な水鏡になり綺麗だったので、是非一般の方にも見て欲しいということでイベントを開催することになりました。

▼上下反転した写真。一見どちらが天井かわからない
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

―― 水はその後どうなるんでしょうか?

浅田:排水口が3カ所あるので、散水ホースやトンボを使用してリンク全体の水を大まかに排水します。次にトンボに使い古したタオルケットを装着してリンク床面の水分を拭き取ります。大体早朝から始めて正午には終わりますね。

▼排水口に流れる水
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

▼水がかなり抜けた状態
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

▼水を拭き取るのは手作業(写真提供:苫小牧市体育協会)
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

―― 普段何気なく見ていたリンクですが、人の手によって丁寧に作り上げられて使われているものだったのですね。ありがとうございます。

【動画】映像で見る苫小牧市白鳥王子アイスアリーナの解氷作業

日本アイスホッケーの聖地

白鳥王子アイスアリーナは王子イーグルスやスマイルジャパンの他にも、市内の小学生~高校生、社会人、そしてフィギュアでも使用されています。

一般滑走や、カジュアルホッケー、道内外からの合宿でも使用されているとのことで、まさに日本のアイスホッケーの聖地と言えるでしょう。

▼アイスホッケーの試合で賑わうアリーナ
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

アイスホッケーはその圧倒的なスピード感とぶつかり合いの迫力に魅せられ、私もすっかり虜になってしまいましたが、まだ見たことが無いという方は是非一度生で観戦してみることをオススメします。

王子イーグルスの試合は例年9月~3月頃にかけて行われています。

▼迫力満点の試合
白鳥王子アイスアリーナが巨大な水鏡に!? 年に一度の解氷作業が話題

そして、数々の闘いが繰り広げられたリンクが、年に一度だけ幻想的な空間へと変わる瞬間も是非お見逃しなく! 今後は見学以外のアクティビティも増えていく可能性もあるとのことなので、楽しみにしています。

白鳥王子アイスアリーナ
所在地:苫小牧市若草町2丁目4-1
電話:0144-37-7100
公式ページ
王子イーグルス
Facebookページ

筆者について

克(laufen)

克(laufen)

音楽プロジェクトlaufenに所属し、ギタリスト、エンジニア、サウンドプロデューサーとして活躍中。カメラマンとしてもYahoo!ライフマガジン、北海道国際流通機構、北海道広告業協会等に写真提供の実績あり。SNSも積極的に活用し、様々な面から北海道の魅力をお届けします。大のガラナ好き。