学ぶ

道内地方ローカル紙がいっぱい

編集部
Written by 編集部

 前の北海道新聞に関するページで、どの市町村でも北海道新聞がトップシェアと言いましたが、実は正しくありません。中には北海道新聞が弱小シェアになっているところがあるのです。つまり北海道新聞よりも強力なローカル誌を発行しているところが存在しているということ。

道内地方ローカル紙がいっぱい  たとえばどこかというと、十勝支庁の帯広市と近隣の町村(音更町や芽室町、広尾町までの町村など)。このエリアには「十勝毎日新聞(かちまい)」という王者がいます。帯広市は北海道新聞の約1.5倍以上が購読世帯。かちまいは夕刊で約9万部発行しているため、新聞といえば夕刊という公式がなりたっています。この新聞には北海道新聞にはない次の日のテレビ番組があり便利なんです。

 さて、別の地域に目を移してみると、苫小牧市もそうです。「苫小牧民報(とまみん)」が一位になってます。室蘭市や登別市では「室蘭民報」が、留萌市では「留萌新聞」、士別市では「道北日報」がそれぞれ有力です。

 北海道のローカル新聞で発行部数順にあげると、1位北海道新聞、2位十勝毎日新聞、3位苫小牧民報、4位釧路新聞、5位室蘭民報と続くようです。ところで、帯広市や苫小牧市は強力な地元紙があるのに、人口2位の旭川市には新聞社があるもののそれほどシェアがないという面白い現象もおきています。

※以下道内の地方ローカル紙。カッコ内最初は本社で、後は主な配布地域です(市町村合併を見据えて新市町村名を記載しています)。
▼北海道全域のブロック紙
・北海道新聞(札幌市/全道)※1942年11月1日創刊、詳細はこちら

▼道央圏
・室蘭民報(室蘭市/胆振日高管内)※1945年12月8日創刊、道内戦後初ローカル、共同通信社関連、日刊、室蘭市と登別市では有力紙
苫小牧民報(苫小牧市/苫小牧市)※1950年1月15日南北海として創刊、夕刊、苫小牧地方では有力紙
・岩見沢新聞(岩見沢市/岩見沢市)※1949年9月創刊、知名度がかなり低い、日刊(日祝休刊)
・美唄新聞(美唄市/美唄市)※1996年8月創刊、月2回発行
・北空知新聞(深川市/深川市・北竜町・妹背牛町・秩父別町・沼田町・幌加内町)※週2回発行
・空知タイムス(芦別市/芦別市)※週3回火木土発行
プレス空知(滝川市/滝川市・芦別市・赤平市・歌志内市・砂川市・新十津川町・雨竜町・浦臼町・奈井江町・上砂川町)※1980年6月無料として創刊、読売新聞と協力関係、水土の週2回発行、道新などほか一紙と一緒に購読する人が多い(総世帯数の3割が購読)、かなり狭い範囲のローカル紙としては最もがんばっていると言える、空知新聞と呼ばれる日も近い?
・夕張タイムス(夕張市/夕張市)
千歳民報(千歳市/千歳市・恵庭市・北広島市)※1963年7月20日苫小牧民報により創刊、苫小牧民報系列、夕刊
・日高報知新聞(浦河町/日高管内)※1952年4月1日創刊、日刊

▼道南圏
函館新聞(函館市/函館市・北斗市・七飯町)※1997年1月1日創刊、十勝毎日新聞が親、読売新聞と協力関係、日刊

▼道北圏
・あさひかわ新聞(旭川市/旭川市周辺6町)※1993年6月29日創刊、北のまち新聞社発行、週1回火曜日発行、地元で人気
道北日報(士別市/士別市・剣淵町・和寒町)※1949年創刊、日刊
名寄新聞(名寄市/名寄市・下川町・美深町)※1947年8月創刊、日刊
・北都新聞(名寄市/名寄市)※旧・風連町、日刊
・日刊宗谷(稚内市/宗谷管内)※1948年11月3日創刊、日刊4面
・稚内プレス(稚内市/稚内市)※日刊1枚、月額500円は全国最安
・日刊富良野(富良野市/富良野地区)※週3回火木土発行
・びえい新聞(美瑛町/美瑛町)※週刊
・日刊留萌新聞(留萌市/留萌市・留萌管内)※1958年9月23日創刊、日刊
・羽幌タイムス(羽幌町/羽幌町)

▼道東圏
釧路新聞(釧路市/釧路根室管内)※1946年11月27日創刊、日刊
十勝毎日新聞(帯広市/十勝管内)※1919年9月27日創刊、一時道新が包括、1946年復刊、夕刊、十勝圏で絶大な支持を受ける
・オホーツク新聞(紋別市/紋別市近郊)※1958年2月23日創刊、2009年3月31日休刊、日刊
北海民友新聞(紋別市/紋別市近郊)※1950年11月3日創刊、日刊、月曜休刊日、読売新聞と協力関係
・訓子府新報(訓子府町)※週1回発行
・根室新聞(根室市/根室市)※1946年3月21日創刊、日本最東端、夕刊
・網走タイムズ(網走市/網走市)※1947年2月11日創刊網走新聞(日刊朝刊)の後継、社長が火災により亡くなったため、網走タイムズ社が2004年11月1日創刊、週6回発行8ページ
・遠軽新聞(遠軽町)※1976年創刊、日刊
・美幌新聞(美幌町)※1949年3月1日創刊、週4回発行、夕刊
・斜里新聞(斜里町/斜里町・清里町・小清水町)※1979年創刊、月3回発行、タブロイド4P、約1400部発行、発行者が町長就任のため2008年元旦号を持って休刊扱い
経済の伝書鳩(北見市/北見市・網走市・訓子府町・置戸町・津別町・美幌町・大空町)※フリーペーパー。週6回発行、夕刊

▼その他
・道新スポーツ(札幌市)※1982年創刊、サンケイスポーツと提携している、道内のスポーツ情報ならお任せ
北海道建設新聞(札幌市)
北海道石油新聞(札幌市)
北海道医療新聞(札幌市)※1968年2月15日創刊、金曜日発行
北海道通信社(札幌市)※1950年10月北海建設新報社として創刊、日刊建設版と日刊教育版(国内唯一の日刊教育新聞)があり、土日祝休刊。建設新聞は国内最高月額。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。