トピックス

びらとり和牛も堪能できる!平取町の雪上PKバトル「全道PKグランプリ」

編集部
Written by 編集部

びらとり和牛も堪能できる!平取町の雪上PKバトル「全道PKグランプリ」

【平取町】PK戦。それはトーナメント方式のサッカーの試合で、延長戦でも決着がつかない時に行われます。キーパー(GK)とキッカーの一対一での対決は、選手も観客も手に汗握る、緊張の一瞬です。

そんなサッカーファンなら誰でも知っているPK戦を、冬に雪の上で楽しんでもらおうと始まったイベント「全道PKグランプリ」が毎年、日高管内平取町で開催されています。ただPK対決して終わるのではなく、地元産ブランド和牛「びらとり和牛」のバーベキューも楽しむことができる、ちょっと贅沢な大会です。

全道PKグランプリとは

びらとり和牛も堪能できる!平取町の雪上PKバトル「全道PKグランプリ」

全道PKグランプリが始まったのは1990年代。平取町総務課広報広聴係によると、それまで町内の観光イベントには冬季開催のものがなかったといいます。そこで、小学生から大人まで男女問わず簡単にゲームに参加でき、冬の一日を満喫してもらいたいとの想いから、雪上で行うPK戦イベントを考案、以来毎年開催してきました。2015年2月1日開催大会で19回目を迎えます。

募集するのは120チームで、各チームは正選手5名+補欠2名以内でメンバー登録します。リーグ戦方式で、(1)小学生1~4年生リーグ、(2)小学生5・6年生リーグ、(3)中学生リーグ、(4)高校生および一般リーグ、の4つのリーグが行われます。さらに、小学生を除く各リーグの上位チームがトーナメント方式で総合優勝を決定していきます。

ルールは、基本的にはサッカーのPK戦と同じで単純です。(1)双方5名ずつが交互にPKを行いゴール数の多いチームが勝利、(2)同点の場合はサドンデス(勝負がつくまで1名ずつPK)。ゴールサイズも公式規格が原則で、蹴る位置もゴール中央から11m地点。ただし、小学生は7m、中学生以上の女性や他のクラスに出場する小学生が9mと、体力に合わせて配慮されているのがうれしいですね。

幅広い世代が楽しめるPKバトル

びらとり和牛も堪能できる!平取町の雪上PKバトル「全道PKグランプリ」

町によれば、雪上PKなので、初心者でもけがの危険性が低く、年齢・性別問わず、幅広い年代で気軽に楽しむことができるのが特長といいます。実際、参加者からは「実力差をひっくり返して勝つこともあるので面白い」「親子で楽しめるのはほんとによい」などの声も。

毎年総勢600名にも上る参加者も、友人同士や職場の仲間などのチーム編成が多く、高校・一般の部に参加する方は、道内外からのリピーターが多いそうです。一度参加すると、また参加したい!と思わせる魅力があるのです。

入賞特典は「最高級びらとり和牛肉」!逃しても「びらとり和牛」バーベキューが堪能できる!

びらとり和牛も堪能できる!平取町の雪上PKバトル「全道PKグランプリ」
びらとり和牛も堪能できる!平取町の雪上PKバトル「全道PKグランプリ」

全道PKグランプリは、PK対決して終わりではありません。ランチが超豪華!地元産ブランド黒毛和牛「びらとり和牛」のバーベキューを参加者全員が楽しむことができます。

さらに、優勝すると、最高級A5ランクの「びらとり和牛」も贈られます。歩留まり等級は3段階のA、肉質等級は5段階の5なので、びらとり和牛の最高峰というわけです。参加者は、肉質が柔らかくツウをも唸らせるブランド和牛肉獲得を目指して、PKバトルを繰り広げていくのです。

隣接地に2014年にグランドオープンした「びらとり温泉ゆから」でぽっかぽかに!

びらとり和牛も堪能できる!平取町の雪上PKバトル「全道PKグランプリ」

2014年7月1日、町内に「びらとり温泉ゆから」がグランドオープンしました。この新温泉施設、実は、全道PKグランプリ会場となる二風谷ファミリーランドに隣接。イベント後に、寒い冬空の下で冷え切った身体を癒すことができます。これは冬のイベントでは嬉しいポイントの一つですね。

雪原の上でアツいPKバトルを楽しみ、屋外でブランド和牛「びらとり和牛」を囲んでのバーベキューランチ、締めにぽっかぽかの温泉もよし。平取町の3つの魅力を一度に楽しむことができる「全道PKグランプリ」。是非メンバー7名集めて参加し、冬の北海道を体感してください。

第19回全道PKグランプリ
主催:全道PKグランプリ実行委員会
日時:2015年2月1日(日)9:30集合、10:00開始、14:30終了予定
会場:二風谷ファミリーランド総合グラウンド(平取町二風谷94-8)
募集チーム数:120チーム
参加費:小中学生1チーム3000円、高校・一般1チーム6000円(保険料と7名分の昼食代込)
詳細・問い合わせ・申込は平取町役場内実行委員会 TEL:01457-2-2223 申込用紙はウェブサイト内にあり
※写真提供:平取町

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。