学ぶ

足寄が生んだフォークシンガー松山千春!

足寄が生んだフォークシンガー松山千春!  松山千春さんといえば、有名なフォーク歌手で、出身地もけっこう知られて います。十勝管内足寄町。2006年はデビュー30周年という節目の年であり、 特別企画・イベントがいくつも開催されています。

松山千春はSTVから生まれた!

 1955年12月16日足寄町生まれ。高校卒業時にはデビュー曲となる「旅立 ち」を披露していますが、デビューは3年後。北見で就職後、1975年に全国 フォーク音楽祭全道大会に出場できたものの、残念ながら入賞はなりませ んでした。

 しかし、この大会に出場したおかげで、STVラジオのディレクターに目を とめられます。この人は反対があったにもかかわらず、STVラジオの自分の 番組内の15分枠「千春のひとりうた」を松山千春さんが受け持つようにし、 毎週道内に歌声を放送することになりました。後に運命的出会いだったと 語っているほどの「恩人」です。

 それから半年後レコーディングスタート。こうして、高校時代からオリ ジナルソングを作ってきた将来のスターは、1977年1月25日「旅立ち」で デビューし、全国にその名が知れ渡っていったわけです。

松山千春の名曲の数々!

 フォークシンガーとして、名曲を数多く出しています。デビュー年にリ リースした1stアルバムには「大空と大地の中で」、5thシングル「季節の 中で」(1978)、8thシングル「恋」(1980)、10thシングル「長い夜」(1981)、 最近で言うと39thシングル「君を忘れない」(1996)などがあります。

 1977年のデビュー以来、生み出した作品数は400を越えているというから すごいことです。日本のミュージックシーンに多大な影響を与え続け、世 代を越えて愛されるカリスマ的存在です。

 やさしさの中に力強さもある澄んだ声で歌うバラード曲の数々は、多く の人を魅了してきました。泣けるという感想も続出中。北海道の雄大な大 自然の情景が思い浮かぶ場面もあったり、最近では、アイヌ音楽の伝承者 の歌声をサンプリングした新曲も発売しています。

松山千春の様々な活動!

 彼を育て上げたSTVはデビュー日を松山千春スペシャルデーと名づけた り、松山千春さんの番組(日曜日11:00)を設けています。それとともに、 ニッポン放送のほうでもラジオパーソナリティーとして活躍しています。

 ここ数年話題となっているのが、鈴木宗男議員との交流です。同じく足 寄町出身で、高校の先輩後輩関係・親友関係として知られています。2005 年に結成した「新党大地」の名付け親は松山千春さんとされています。と いうことで、コンサートにも鈴木宗男氏が登場することがあるとのこと。

 さらになんと松山千春さんは、月刊誌である「月刊松山SAGA」も出して います。釧路湿原の歌や、学校の歌を作詞作曲したりもしているそうです。

足寄が生んだフォークシンガー松山千春! (2005年10月19日)★★★★★
ディスク1にデビュー曲「旅立ち」、「初恋」、「かざぐるま」など、ディスク2に「大空と大地の中で」、「オホーツクの海」など名曲がずらりと収録。
足寄が生んだフォークシンガー松山千春! (2003年3月19日)★★★★
ディスク1にデビュー曲「旅立ち」、「初恋」、「かざぐるま」など、ディスク2に「大空と大地の中で」、「オホーツクの海」など名曲がずらりと収録。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。