学ぶ

元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

2018年の平昌冬季オリンピックで、女子日本代表「LS(ロコ・ソラーレ)北見」の活躍が注目を集めたカーリング。白熱した試合を見て、自分もカーリングをやってみたい!と思った人も多いのではないでしょうか。とはいえ、初心者は何から始めればよいのでしょうか。難しいのでしょうか。

そこで今回は、LS北見の元メンバーである江田茜さんに、カーリングの基礎から教えてもらいました。体験するのは、オホーツク情報発信番組「オホバン」の佐久間茜華さん。ほぼカーリング初心者の彼女は、果たしてどこまで上達できるのか……?(記事の最後に動画があります!)

会場は、カーリングのまち北見市常呂にある、アドヴィックス常呂カーリングホール。2013年11月にオープンした、6シートを備える国内最大のカーリング競技場で、LS北見の拠点ともなっています。

▼体験場所となった、国内最大のアドヴィックス常呂カーリングホール
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

1.カーリングに必要な道具を知ろう!

まず、カーリングをするには、薄く氷が張られたカーリング・シートが必要です。全長約45m、幅約5mという細長いシートが使われます。室内気温はマイナス5度程度ですので、冬の服装を持参して臨みましょう。ただ、体験を続けていくうちに身体が熱くなってくるので、そんなに厚着する必要はないかもしれません。

▼カーリングホールで貸出しているシューズとブラシ
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

同カーリングホールでは、カーリング競技に必要な用具を貸出してくれます。シューズ(今回は専用シューズではなく、普通のスニーカーにスライダーを装着)・ブラシセットで120円、防寒着が必要であれば400円、そして競技シートは1時間あたり1400円です。必要なら軍手も貸し出してくれます。ストーンは各シートに16、備えられています。

▼これがカーリングで使用するストーン
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

2.シート上を滑る動作の練習をしよう!

最初にシューズを履き、スライダーを利き足ではないほう(右利きなら左足)に装着します。これにより、左足だけがものすごく滑ることになります。

▼これがスライダー
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

スライダーを装着していない方の足(利き足)から、シートに踏み入れましょう。スライダーを装着した足から踏み入れると、転びやすいからです。まず、利き足ではない方の足で滑る動作から練習します。最初は慣れないので滑るのは至難の業ですが、ブラシを杖のように使いながら、シートを何度も往復します。

元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

3.ストーンを投げるフォームを身に着けよう!

ストーンを投げる時のフォームを、シートの端で覚えます。滑る方の足(利き足とは逆の足)をシートの端につけて、利き足を後方に伸ばします。「投げる時はみんなこんなつらい体勢をしているんだ」と驚きを隠せない佐久間さん。

体がかたすぎてこのフォームができないとだめかと思いきや、意外とそんなことは関係ないそう。投げるフォームに決まりはなく、安定感に優れているのがこのフォーム。この時点ではまだその安定感がわかりませんでしたが、ストーンを手にした時にそれが一番よくわかるのです。

フォームを習ったら、今度は実際に滑ってみます(まだストーンは手にしません)。利き足をハックと呼ばれるゴム製の蹴り台にかけてその場にしゃがみ、両手でブラシを横に持ってシート上につけます。そして、利き足の位置はそのままにして、
(1)少し前に出て
(2)お尻を上げて
(3)少し後ろに引いて
(4)利き足で勢いよくキックして前に出ます。

慣れないうちは滑ったあとに体が回転しがちですが、回転するのは曲がる方向に力が入っているからだそう。一連の流れを身に着けるのに混乱しますが、何度か繰り返すとできそうな気になってきます。

▼ハックと呼ばれる踏み台に利き足をセット
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

▼しゃがみまして
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

▼少し前に出まして
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

▼お尻を上げて後ろに少し下げ、あとはキック!
元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

4.ストーンを投げてみよう!

ストーンを投げるフォームや流れをマスターしたら、次はストーンを投げてみます。実際に動かしてみると、ひとつ20㎏ほどあるストーンは両手でも持ち上げられないほど。というか、持ち上げる作業はほぼないそうです。

▼1つ10万円はするというストーン(直径約30㎝)。8つずつ計16あるので、単純計算で1セット160万円はする元LS北見メンバー江田茜先生に教わる 初めてのカーリング体験

江田さんによると、ストーンはすべて同じではなく、一つ一つに癖があるのだそう。その癖を見ながら、これは曲がりやすいね、これは滑りやすいねというのを確認しながらプレイしています。「癖の悪い子は本当に癖が悪いんで(笑)」と江田さん。

回転をかけずに投げてしまうと、ストーンがどこに進んでいくかわからないので、回転をかけてストーンを目的の場所に誘導しているのです。このように、パーマをかける時のカールに似ていることから、カーリングと呼びます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。