学ぶ

北海道出身者はこんなにいた!北海道が生んだ偉大なアーティスト10選

佐藤彰悟
Written by 佐藤彰悟

雄大な自然と豊かな食に恵まれた北海道。音楽の分野でも名曲がこれまでに数多く生み出されています。

今回は北海道出身のミュージシャンを代表曲とともにご紹介。誰もが知っておきたい名曲の数々、ニューホープを知ることができますよ。

1.吉田美和(DREAMS COME TRUE)

言わずと知れたJ-POP界のカリスマユニット「DREAMS COME TRUE」のボーカル。

池田町出身で高校卒業まで北海道で過ごします。学生時代から作詞・作曲に取り組み地元のデパート屋上で卒業ライブをしたことや、実は譜面が読めないなどのエピソードも有名。

ドリカムの全ての楽曲は彼女が歌詞を担当。優しくもパワフルな歌声と彼女が紡ぐ誰もが共感できるであろう、物語性の強い歌詞が心に染みます。

2.中島みゆき

札幌市出身、日本を代表する女性シンガーソングライター中島みゆき。1970年代「わかれうた」、80年代「悪女」、90年代「空と君のあいだに」「旅人のうた」、2000年代「地上の星」の各年代でオリコンシングルチャート一位を獲得した唯一の歌手。テレビにはめったに出ることがなく、自らが歌い手と音楽監督を兼任して、演劇とコンサートを融合させた舞台「夜会」はチケットが非常に入手しにくいとして有名。人間の本性を溢れんばかりに乗せた歌詞と歌声は、魂が滲み出ているような錯覚に陥り、恐怖感すら覚えます。

3.GLAY

函館市で結成された日本を代表するロックバンド「GLAY」。メンバー4人中3人が函館出身。函館愛溢れる彼らがメディアで函館名物の「ラッキーピエロ」や「やきとり弁当」などを紹介すると観光客人気が急上昇、北海道新幹線開業のテーマソングを手掛けるなど地域活性にも一役買っています。ちなみにこの「Winter,again」の儚くも美しいMVは北海道美瑛町で撮影されたものです。

4.YUKI

GLAYと同じく函館市出身のYUKI。彼女がボーカルを務めたバンド「JUDY AND MARY」は90年代に爆発的な人気を獲得しました。女性ボーカルのJ-POP「GIRL POP」というジャンルを切り拓き、その後も彼女に影響を受けた女性ボーカルバンドがいくつもデビューするに至ります。バンド解散後はソロとして活動。今なお年齢を感じさせないコケティッシュな魅力は女子のカリスマ的存在として健在です。

5.松山千春

足寄町出身、日本を代表するフォークシンガー。自身の生まれ育った北海道の風景を連想させる曲と圧倒的な歌唱力で今もなお幅広い世代に愛され続けています。これから初めて聞くという方は歌詞の女性表現に注目してみて下さい。言葉遣いの美しさに松山千春の声が乗ることで男性なのに艶っぽく聞こえる不思議な感覚が味わうことができます。

AirBookmark

筆者について

佐藤彰悟

佐藤彰悟

本業はブライダル企業の人事・広報責任者。複業として「ジブンらしく働く」を考えるコミュニティ【就カフェ】を主宰。ブログや講演・メンター活動を通じ、より本質的に就活・キャリアを考える機会創出に取り組む。