学ぶ

北海道出身の大御所演歌歌手

編集部
Written by 編集部
 北海道出身の演歌歌手といえば、誰を思い浮かべますか? 大御所・北島三郎、細川たかし両氏はいずれも北海道出身です。そのほか 北海道から巣立った演歌歌手がいます。

北島三郎

北海道出身の大御所演歌歌手

 御存じ愛称サブちゃん。作詞作曲の際は原譲二というペンネームを用いて います。本名ではありませんが、名前の由来は、北海道出身ということで、 北の島から北島、親しみやすい三郎を名としたというエピソードがあります。

 1936年渡島管内知内町(当時は知内村)で誕生、高校時代は函館で学びま した。NHKのど自慢函館開催の時に出場し、鐘2つで合格はしなかったものの、 司会者宮田輝氏に褒められたことから、高校を中退し東京の音楽学校に 入学し、歌手を志すことになりました。

 1962年6月に「ブンガチャ節」でメジャーデビューを果たしました。売れ なかったようですが、セカンドシングル「なみだ船」がヒット、以後も、 「兄弟仁義」「函館の女」「与作」などがヒットしました。

 世界初のこととして、1985年8月に飛行機内で機内コンサートを開催し たのが世界初のこと、そして、日本一のこととして、NHK紅白歌合戦出場 回数は史上最多の44回(1963年第14回~2008年第59回まで、ただし1986年 は出場取り消し)。現在資料は函館市にある北島三郎記念館に整理されています。

細川たかし

北海道出身の大御所演歌歌手

 1950年後志管内真狩村出身。結婚後、歌手になろうと単身上京して、 見事歌手デビューしました。1975年4月に「心のこり」を発売しいきなり 大ヒット。

 以後も、「北酒場」「矢切の渡し」がヒットし、2年連続レコード大賞 を受賞しました。NHK紅白歌合戦には1975年以来32回連続出場(2006年第57回 まで)しました。現在、真狩村には銅像と展示資料館があります。


 そのほか、函館市出身の大石まどか、稚内市出身の畠山みどり、厚岸町出身の 双子演歌歌手こまどり姉妹らは北海道出身です。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。