学ぶ

ゴルポッカ、冬にはこんなスポーツもいいのでは?

 スキー、ボード、スケート以外でも、冬にぽかぽかなれるスポーツを 楽しむことができます。最近、ゴルポッカという新種の冬スポーツが誕生 しました。そもそもゴルポッカって何?という方に、今回はこの新スポーツ をご紹介しましょう。

ゴルポッカとは?

 一言でいえば、雪上パークゴルフです。ルールはパークゴルフが基本です。 でも、普通のパークゴルフとは幾つか異なるところがあります。装備ですが、 かんじきを足にはきます。

 ボールはソフトボールほどの大きさのもので、やわらかい感触のものを 採用しています。軽いボールであるからこそ、ゴルポッカならではの難しさ があります。風や圧雪しない雪面でボールの進むコースが予想できないのが 面白いゴルポッカです。

 ホールは設けられず、三角コーンが立てられます。ボールは三角コーンに 当てることによりホールインとなります。ホールを設置しなくなったのは、 積雪が少ないときにポールを立てたのがはじまりで、それが定着したとされ ています。合計9ホールあり、打数によりスコアを競います。

 このようなことから、雪面でも容易にパークゴルフを行うことができる ようになり、ホールを設置するなどのコース整備も比較的簡単になります。 また、凹凸の雪面と軽いボールのため、テクニックが通用しないので、 老若男女楽しめるスポーツです。

江別発祥のゴルポッカ

 ゴルポッカは北海道生まれのスポーツです。北翔大学の寒冷地スポーツ 推進研究グループが考案しました。もとになったスポーツは「ゴルディック」 というもので、紋別市で広まった冬スポーツです。

 ゴルディックはゴルフとノルディックの合成語で、歩くスキーやかんじき をはいて行う雪中ゴルフです。しかし体力的にきついので、これを手軽に 行えるように改良したのがゴルポッカです。

 名称はパークゴルフでぽかぽかになるという意味を込めて、名付けられ ました。冬でもぽかぽか温まるスポーツを楽しんでみるのはいかが?

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。