毎年夏に兵庫県の甲子園球場を舞台に熱い戦いが繰り広げられる夏の甲">
 毎年夏に兵庫県の甲子園球場を舞台に熱い戦いが繰り広げられる夏の甲">夏の甲子園、北北海道と南北海道に分かれている理由 – 北海道ファンマガジン
学ぶ

夏の甲子園、北北海道と南北海道に分かれている理由


 毎年夏に兵庫県の甲子園球場を舞台に熱い戦いが繰り広げられる夏の甲子園。正式には全国高等学校野球選手権大会と呼ぶ同大会には、北海道からも2校出場しています。同一都道府県から2枠が与えられているのは北海道と東京都のみですが、なぜなのでしょうか。甲子園と北海道地区大会の歴史を振り返ります。

 甲子園に出場できる代表校は原則1都道府県ごとに1校ですが、北海道と東京都は2校が出場し、合計49校が出場します。北海道は北北海道、南北海道に、東京都は東東京都、西東京に分かれています。

 現在の夏の全国高校野球選手権が始まったのは1915年。この年、第1回大会が開催されました。北海道の高校が参加したのは第2回大会からでしたが、当時は北海道地区大会はなく、東北大会に出場していました。いずれも本大会出場はありませんでした。

 1920年、第6回大会に初めて「北海道大会」が新設されるようになり、北海中が15校出場の大会で北海道代表として初めて出場しました。この時の北海道大会参加校は6で、北海道統一大会は1958年の第40回大会まで続きました。

南北分割へ

 しかし、第40回大会の時点で140校あった北海道は、面積が広大で移動距離が長く、移動に負担がかかることから、分割されることになりました。東京都は学校数が多くなったため東西に分割されましたが、北海道は広さを主な理由として分割されました。

 分割後初となる第41回大会は、南北海道大会に69校が参加し苫小牧東が初出場、北北海道大会には77校が参加し帯広三条が初出場しました。

 その後、南北海道・北北海道ともに参加校が増加し、ピーク時で南北海道参加校は1990年・1992年に153校、北北海道参加校は1994年に135校、北海道全体で1992年の293校になりました。

空知統一へ

 その後、2006年までに南北海道参加校は141、北北海道参加校は117になりましたが、当時の分割方法は、南北海道が札幌支部(石狩)、小樽支部(後志)、函館支部(渡島檜山)、室蘭支部(胆振日高)、南空知支部(空地南部=夕張市・三笠市・美唄市・月形町以南)、北北海道が北空知支部(浦臼町・奈井江町以北)、旭川支部(上川南部・留萌南部)、名寄支部(上川北部・留萌北部・宗谷)、北見支部(オホーツク)、十勝支部(十勝)、釧根支部(釧路・根室)に区分されていました。

 当時までは空知地方が南北に分割されており、旧産炭地の過疎化の影響で生徒数が減少、加盟校が減少し、それぞれ10校程度となりました。そのため、運営が厳しい南北空知を統合することになり、2007年大会以降統合された空知支部が北北海道に入ることになりました。

 2007年には、南北海道は129校、北北海道が123校となり、ある程度バランスが保たれるようになりましたが、2011年現在、10校の差が生じています。

現在の北北海道・南北海道の区分
<南北海道>(札幌市円山球場)
・札幌支部(石狩)
・小樽支部(後志)
・函館支部(渡島・檜山)
・室蘭支部(胆振・日高)
<北北海道>(旭川市スタルヒン球場ほか)
・空知支部(空知)
・旭川支部(上川南部・留萌南部)
・名寄支部(上川北部・留萌北部・宗谷)
・北見支部(オホーツク)
・十勝支部(十勝)
・釧根支部(釧路・根室)

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。