"> ">北海道を学びながらキレイに! 道内出身芸人が「カニササイズ」考案 – 北海道ファンマガジン
学ぶ

北海道を学びながらキレイに! 道内出身芸人が「カニササイズ」考案

北海道マップを使って北海道のことが学べると同時に、身体がキレイになれるという北海道ご当地エクササイズ「カニササイズ」を普及させようと、道内出身の吉本芸人が張り切っている。覚えやすいリズミカルなエクササイズで子供たちに、またキレイになれると女性にも好評だ。

「カニササイズ」は、足踏みしながら、肘を体にくっつけた状態で両手を外側に広げ、さらにガニ股となり「カニ」ポーズをするのが基本形。全身で北海道の形を作ったり、手首で作った函館(渡島半島)を回す運動をしたり、函館と釧路の距離を表現したりする。また、北海道出身の有名人として、松山千春(足寄町出身)からは「恋に揺れる」運動、ドリカム(池田町出身)からは首のストレッチや高い位置のベースを表現したり、GLAY(函館出身)のテルと見せかけて……等、随所に北海道らしさが盛り込まれている。道民にとっては「わかるわかる」と頷ける内容だ。

「カニササイズ」を考案したのは、1996年に結成された北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」(東京吉本所属、竹森巧さん、阿部浩貴さん=札幌市出身)。若手の頃、北海道出身ということでカニギャグをよくやっており、ガレッジセールのゴリさんにギャグを振られることもあったという。その後、これは運動にもなっていると気付き、2002年頃に「カニササイズ」として考案した。当時は現在のものとは大きく異なり、実際には公開することなくお蔵入りしてしまっていた。

しかし、最近ご当地エクササイズが流行っていること、子供たちが楽しんでくれるということで、「カニササイズ」を北海道の土地柄、特徴等に改めて復活させた。通常のコントでは、竹森さんがインストラクター、相方の阿部さんが入会しレッスンするという設定でやっていた。これが東京では大変好評だったため、集団コントに作り替え、アップダウン竹森さんが立ち上げたイベント「音時(おんのじ)」(2012年9月札幌開催)で初披露された。一緒にエクササイズを行った女性からは「おかげでキレイになれた」とのコメントも得、「カニササイズ」の効果にも自信を見せている。

※アップダウン竹森さんが「カニササイズのダイジェストVTR」を2012年11月22日にfacebookで公開したところ、爆笑した、何度見ても面白い、といったコメントが寄せられ、多くシェアされるなど反響を呼んだ。

今後は、振りも改善し、知り合いになったプロのインストラクターと共に「カニササイズ」を"磨いて"いく方針だ。「カニササイズ」インストラクターであるカーニー竹森こと竹森さんは、「今年から地元北海道を盛り上げていきたいという気持ちが強く、北海道を知れて、余分な脂肪を燃焼させることができる一石二鳥のカニササイズを、北海道でもなまら広めていきたい」と意気込んでいる。道民の皆さんにも是非「カニササイズ」をお試しいただきたい。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。