学ぶ

長ぐつアイスホッケー発祥地

 アイスホッケーは有名なスポーツですが、「長靴アイスホッケー」と呼 ばれるスポーツも誕生しています。この名前から察することが出来ますが、 文字通りスケートではなく長靴をはいてアイスホッケーをする競技。実は その発祥の地は北海道内にあったのです。

長ぐつアイスホッケー発祥地!

 発祥地として知られているのは、釧路管内釧路町。アイスホッケーとい えば太平洋岸の苫小牧、釧路方面が有名ですが、その釧路で誕生した、町 のオリジナルスポーツです(釧路市ではなくそのお隣の釧路郡釧路町です)。

 釧路町オフィシャルサイトにはでかでかと「長靴アイスホッケー発祥の 地」と書かれていますし、町内には発祥地のモニュメントも建っています。 長ぐつアイスホッケー普及啓発事業推進実行委員会という組織があるほど の力の入れよう。公式サイト(写真)はこちら→

長ぐつアイスホッケー誕生秘話!

 そもそも、釧路町で長靴アイスホッケーが誕生したのはいつでしょうか。 ときは1978年。冬季間の運動不足解消策、またコミュニティ推進策として 釧路町が考案したのが始まりです。つまり歴史的には新しいのです。翌年 の第1回より長ぐつアイスホッケーの歴史がスタートしました。

 釧路町だけで行われる町民大会は毎年1月に開催されており、100チーム をゆうに越える参加者が集まるのだとか。釧路町ではいまや冬の一大イベ ント&スポーツとなっていますし、音更町、浦幌町などでも町民大会を開 催しています。

 北海道選手権大会が1986年以降、全日本選手権大会が2005年以降それぞ れ開催され、全国的にも周知されてきています。今では、秋田、鶴岡、関 東などなど全国各地にチームや連盟が設立されています。

・釧路町民長ぐつアイスホッケー大会(町民大会)   1979年第1回~
・北海道長ぐつアイスホッケー選手権大会(全道大会) 1986年第1回~
・全日本長ぐつアイスホッケー選手権大会(全国大会) 2005年第1回~
・その他に連盟会長杯大会もあります。

ルールは?

 公式ルール イコール 釧路町ルールです。通常のアイスホッケーと同じ なのですが、1.スケート靴でなく長靴を履くこと、2.パックでなく柔ら かめのボールを使用する、3.プレイする選手はGK含め各チーム8人である、 が決定的に違う点です。

<アイスホッケー>主な違い<長ぐつアイスホッケー>
スケート靴履くもの長ぐつ(金具付禁止)
パックボール野球ボール大の柔らかいボール
6名(GK1/FW3/DF2)プレーヤー8名(GK1/CAP1/FW3/DF3)
原則いつでも可能交代負傷以外不可
20分×3ピリオド試合時間10分(5分でサイドチェンジ)

 長靴なので、よく転び、アイスホッケーほどのスピード感がないのが特 徴。ボールも柔らかいので、子供から女性から、アイスホッケー未経験者 はもちろん、経験者でも楽しめるスポーツです。ルールブックは釧路町生 涯学習課ページをご覧アレ。

補足:長ぐつアイスホッケーの全国的広がりは、地元産業にも良い影響を与えているのだとか。地場産業のある企業では、専用スティックを製造して、しかも「Made in くしろ町」という表記も入れているのだそう。地元にも活気を与えています。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。