学ぶ

今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

編集部
Written by 編集部

今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

南国の海で見かけた波乗りを楽しむ男女。憧れの眼差しで見ていたあの光景。自分もいつかは……と思うものの、なかなか一歩を踏み出すことができない! そんな方も少なくないのではないでしょうか。

北海道民だけどこの夏こそサーフィンがしたい!! でも、そもそも北海道でサーフィンはできるの?! できるなら、どれだけ費用がかかるの?! 湧き上がる疑問を解決すべく、札幌市にあるサーフショップ「ACTIVE SPIRIT」の相馬雄介さんにお話を伺ってきました。

▼「ACTIVE SPIRIT」相馬雄介さん「初心者の方もお気軽にご相談ください」
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

北海道でサーフィンといえば浜厚真

まずは、そもそも北海道ではサーフィンができるのか、という疑問。相馬さんによると、北海道では浜厚真(胆振管内厚真町)が有名だとか。遠浅であることと、季節を問わず比較的波が安定していることから、初心者から上級者まで幅広く楽しめるサーフィンスポットだそうです。

▼サーファーが集う浜厚真
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

ほかにもサーフィンを楽しめるスポットは道内各地にありますが、地元のルールやマナーを守る必要があります。思わぬトラブルやけがにつながることもありますので、既にサーフィンをしている友達や知り合いと一緒に行くのがおすすめです。

初心者はまず何を揃えればいいの?

初心者なので右も左もわからない筆者。北海道でサーフィンをするためには、まず何を揃えれば良いのでしょうか。

相馬さんによると、最低限必要なものは (1) サーフボード (2) サーフボードに付けるデッキパッドと滑り止めワックス (3) 足につける流れ止め(リーシュコード) (4) ウェットスーツです。そのほかにも消耗品は必要となりますが、まずはこれらを揃えます。サーフボード、デッキパッド、流れ止めの3点は、リーズナブルな価格のセット販売もあります。

▼サーフボード
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

▼デッキパッド
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

▼滑り止めワックス
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

▼足につける流れ止め
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

▼サーフボードにデッキパッドを付けた状態
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

自動車にも軽自動車とスポーツカーがあるように、サーフボードにも7万円台の比較的安いものから、20万円近くする高いものまで幅広くあります。初心者は大きくて平たく、浮力があって安定感のある安価なもので問題ありません。

千葉県以南では夏に海パンだけでもサーフィンをすることができますが、北海道の場合は海水が冷たいのでウェットスーツが通年で必要になります。特に6月前半までは、雪解け水が海に流れ込む関係で必須となります。

▼北海道では通年で必須になるウェットスーツ
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

ウェットスーツは既製品とフルオーダーの2タイプがあります。既製品は40,000円台から販売されていますが、使用できるのは7月後半から9月初めまでの約1か月半しかありません。一方、フルオーダーは、全身29か所を測ってピッタリとした自分だけのウェットスーツを作るというもので、通年で使用できますが、価格も高くなり、暖かい素材や伸びる素材など好みの素材を選ぶと90,000円台になることも。加えて、冬も本格的に楽しむ人はドライスーツ(フルオーダー)や冬グローブとブーツも必要になります。したがって、年中楽しみたい人にはフルオーダーのウェットスーツとドライスーツが必要ということになります。

初心者はレッスンを受けてから挑戦するほうが良いでしょう。「ACTIVE SPIRIT」では、初心者向けに基本からルールまで学べるサーフィンスクールを開催しています。料金は、1回2時間6,000円(交通費別途)。1~2回程度体験すれば、おおむね基本はマスターできるとのこと。サーフボードやウェットスーツなどは無料で貸し出してくれるので、まずは体験してみたいという方は気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼レッスン風景
今年の夏こそ始めたい!北海道でサーフィンをするにはどうすれば?

一式揃えると10万円越え! さぁどうする?

サーフィンを始めるのに必要な道具一式、そしてレッスン。これらをまとめると以下のようになりました。

<最低限必要なサーフィン道具と値段・料金>
(1) サーフボード
(2) デッキパッド
(3) 流れ止め
 ※上記3点セット79,800円~
(4) ウェットスーツ
 ※既製品40,000円~
(5) レッスン
 ※2回程度12,000円~
合計:131,800円~

こうして必要な費用をまとめてみると、初心者がサーフィンを始めるのにも意外とお金がかかるものだなーと感じます。特に北海道の場合は夏でもウェットスーツが必要なので、関東以南と比べると割高と感じるかもしれません。

まとめて買うとなるとかなりの出費になりますから、予算オーバーしてしまうということも。クレジットカードで分割払いする方法もありますが、北洋銀行リビングローンを利用する手もあります。カルチャー、レジャー、マリンスポーツなど趣味にも幅広く利用できるリビングローン。予算のことで困っているという方は、ネットからでも簡単に仮審査が受けられるので、一度検討してみてはいかがですか?

北洋銀行リビングローン

<取材協力>
ACTIVE SPIRIT
所在地:北海道札幌市手稲区西宮の沢4条1丁目2-1
電話番号:011-661-0556
営業時間:12:00~21:00、水曜定休
ホームページ

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。