"> ">「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初 – 北海道ファンマガジン
トピックス

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初

まきのえり
Written by まきのえり

【札幌市】2012年12月21日(金)、2013年2月5日(火)~2月11日(月・祝)に行われる「第64回さっぽろ雪まつり」の概要が発表になりました。会場は例年通り、大通会場(西1丁目~12丁目)、つどーむ会場(札幌市スポーツ交流施設)、すすきの会場(駅前通の南4条~南6条通り)。今回の雪輸送予定台数は5tトラックで、大通会場で3,500台、つどーむ会場で3,000台を予定しています。

とりわけ今年は節電要請がなされています。雪まつりにおける節電への取り組みとしては、大通会場の9丁目、11丁目、12丁目に発電機を設置して自家発電を行い、商用電力の使用量を削減。つどーむ会場では、雪まつりに係る使用電力のほぼすべてを自家発電で賄います。

各会場の雪氷像テーマは以下の通りです。1丁目と3丁目は例年通りです。大雪像では、5丁目にはリニューアル工事中の豊平館と台湾の中正記念堂が、7丁目はタイからワット・ベンチャマボピット、8丁目会場は歌舞伎座、10丁目には二度目の登場となるちびまる子ちゃんが登場します。また今回、世界初の試みとなるプロジェクションマッピングも実施されます。

大通会場

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初2丁目「道新 氷の広場」光の国~白き翼のプリンセス~
高さ5.7m 奥行5.6m 横幅14.2m
謎の魔法にかけられた氷の国のプリンセスを救うため、2丁目会場の来場者から勇者を募り、数々の謎に挑戦するロールプレイングゲームの要素が組み込まれた大氷像になります。

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初4丁目「STV・よみうり広場」伊勢 神話への旅
高さ15m 奥行20m 横幅25m
三重県伊勢市の伊勢神宮で平成25年秋に行われる「第62回式年遷宮(しきねんんせんぐう)」を奉祝する大雪像。 式年遷宮(しきねんんせんぐう)とは、20年に一度、内宮・外宮の建物、御装束(おんしょうぞく)神宝(しんぽう)のすべてを造り替えて神様にお引越しいただく最重要のお祭りで、1300年の長きに渡って受け継がれてきたもの。

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初5丁目「環境ひろば」豊平館
高さ12m 奥行15m 横幅18m
1880(明治13)年に高級西洋ホテルとして開拓使によって建造された「豊平館」。最初の宿泊客は明治天皇で、以後要人の宿泊、祝賀会などの会場として利用されてきました。現在は中島公園にあり、バリアフリーなどを含む保存修理工事中。2016年にリニューアルオープン予定です。
雪まつり会場では、「創造都市さっぽろ」の取り組みの一環として、音楽と光のアート映像を投影する「プロジェクションマッピング」が行われます。大雪像にプロジェクションマッピングを行うのは世界初の試みです。

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初5丁目「毎日 氷の広場」中正記念堂(台湾)
高さ10m 奥行16m 横幅18m
中正記念堂 は、台北市の中心部に位置する中華民国(台湾)元総帥・蒋介石(中正は蒋介石の本名)の顕彰施設です。台北市の代表的な観光スポットとなっており、日本人や外国人観光客が多く訪れる場所になっています。これを大氷像で再現します。

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初6丁目「市民の広場」札幌らしい特色ある学校教育キャラクター(ちっきゅん、ゆっぽろ、おっほん)
高さ5m 奥行5m 横幅8m
札幌市の子ども達のアイデアによって生まれた3匹のキャラクター「ゆっぽろ」「ちっきゅん」「おっほん」。この3匹が北の動物たちと一緒に泳ぐ姿をモチーフとした雪像です。 札幌平岸高校デザインアートコース学生がデザインしました。

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初7丁目「HBCタイ王国広場」ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)
高さ15m 奥行21m 横幅28m
1899年、ラーマ5世によって建てられた王立寺院で、建物のほとんどが大理石でできているため「大理石寺院」とも呼ばれています。左右対称の見事な本堂が再現されます。

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初8丁目「雪のHTB広場」歌舞伎座
高さ12m 奥行21m 横幅20m
平成22年より建替え工事に入り、平成25年春に竣工となる「歌舞伎座」を大雪像で再現。 5tトラック460台、2,300tの雪を使って作られます。

9丁目「市民の広場」
いろいろな年代が参加する「101人の会」による中雪像「39 Thank you(湯~)」や、テスク&祭人  鉄西まちづくり学生推進委員会による中雪像「北海道大学総合博物館」が制作されます。

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初10丁目「UHBファミリーランド」ちびまる子ちゃん in HAWAII
高さ15m 奥行18m 横幅24m
2度目の登場となる、ちびまる子ちゃんの大雪像が登場。同会場には、「北のどん兵衛くん」すべり台も設置されます。

11丁目「国際広場」外国人チームによる国際雪像コンクール
2月4日(月)~8日(金)にコンクールが行われ、世界各国から13チームが参加します。

12丁目「市民の広場」市民雪像
市民雪像は5丁目~12丁目に97基制作されます。 今回は722チームの申し込みがあり、倍率は過去最高の7.4倍でした。 雪像テーマは、干支の「巳(へび)」が最も多く、3年ぶりにパ・リーグ優勝を果たした「北海道日本ハムファイターズ」も多いようです。

つどーむ会場

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初 「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初

屋外会場のチューブスライダーは、子供から大人まで楽しめる、長さ100mの迫力あるすべり台です。ほかにもラフティングボートをスノーモービルで引っ張って雪原を滑走するスノーラフトや、竹スキー、雪の結晶観察、雪像制作コンテストなどが行われます。 全天候型のドーム屋内の会場には、ステージイベントや北海道グルメの屋台があります。 一般車両の駐車場はありませんので、会場へはシャトルバスが便利です。

すすきの会場

「第64回さっぽろ雪まつり」雪像発表! プロジェクションマッピングは世界初 「第33回すすきの氷の祭典」として開催され、氷像60基が並びます。

AirBookmark

筆者について

まきのえり

まきのえり

札幌市在住のフォトライター。札幌と北海道が大好き。いつも腹ペコ。「まっきーのぶらっと札幌探訪記」では、道内外の方に喜んでもらえるような楽しく、美味しい情報や、街の魅力を発信中。SAPP‿RO(サッポロスマイル)な人を目指す。