味わう

豊富町の人気店「ベーカリー夢工房」のパンが朝に売り切れる理由とは

編集部
Written by 編集部

豊富町に「朝のパン屋さん」と呼ばれているパン店があるという話を聞きました。なんでも朝のうちに売り切れてしまうからそう呼ばれるようなったのだとか。

よほどおいしいパンなのだろうな、と興味津々の北海道ファンマガジン。さっそく取材に行ってきました。取材よりも本当は食べたかったから、というのは編集長に内緒です。

細かいリクエストにも応えてくれる

豊富町の人気店「ベーカリー夢工房」のパンが朝に売り切れる理由とは

お店の名前は「ベーカリー夢工房」。派手な看板などなく、シックで落ち着いた外観は、まるでオシャレなヘアサロンのような雰囲気です。ドアを開けて店内に入るとパンの焼ける匂いがプーンとして、続々とパンが焼き上がっていました。

「お店ができたのは11年前ですが、どんどんパンの種類が増えていっています」と語ってくれたのは、店長の舟根直樹さんです。

▼店長の舟根直樹さん(左)
豊富町の人気店「ベーカリー夢工房」のパンが朝に売り切れる理由とは

▼店内には常時80~100種類ぐらいのパンが並んでいる
豊富町の人気店「ベーカリー夢工房」のパンが朝に売り切れる理由とは

豊富町の人気店「ベーカリー夢工房」のパンが朝に売り切れる理由とは

お話を伺っているうちに、駐車場に車が何台か入ってきました。開店までまだ30分近くあります。「開店を待たれるお客さまもけっこういらっしゃいます。すぐに売り切れちゃうパンもあるので」(舟根さん)

▼オープンと共に売り切れることも多いコーヒーブレッド320円
豊富町の人気店「ベーカリー夢工房」のパンが朝に売り切れる理由とは

▼人気の食パン「プルマンブレッド」は1斤220円(写真は3斤分で660円)
豊富町の人気店「ベーカリー夢工房」のパンが朝に売り切れる理由とは

「お客さんからの注文に応じることも多いんですよ」と舟根さんはおっしゃいます。聞けば、市販しているパンと同じようなパンを作ってほしいとか、こういうパンは作れないの、というリクエストにも応えるようにしているのだそうです。

「以前、小麦粉と卵と油脂のアレルギーを持つ子供のお母さんからケーキを食べたことがないので食べさせてあげたい、という話がありました。米粉、きび、芋、豆乳などでケーキを作ったところすごく喜ばれました」と嬉しそうに語ってくれました。アレルギー克服のため、卵の量を5%、10%、15%……と増やしていくような注文にも応えているのだとか。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。