味わう

ビール発祥の地といえば札幌!

編集部
Written by 編集部

 スッキリしていてなまらうまいサッポロビールの生ビール「サッポロ黒ラベル」でもいかがですか。

 札幌といえばビール……というくらい、代名詞的存在になっています。 道産子だって、「ビールといえばサッポロビール」という人も多く、ビア ガーデンなんて大盛り上がりだし、ジンギスカンにもサッポロビールであ ります(他のビールの人もいるかもしれませんね)。そんな札幌発祥のビー ルの歴史は、開拓使と深いつながりがありました。

国内初の日本人によるビール、札幌より誕生!

 札幌発祥のビールの歴史を、大まかな流れであらわすと……

 1876年 9月開拓使麦酒醸造所完成(現在のサッポロファクトリー)
 1877年 冷製札幌ビール発売
 1886年 醸造場を大倉組商会に払い下げ
 1887年 札幌麦酒会社設立
 1906年 日本麦酒醸造・大阪麦酒と合併、大日本麦酒株式会社発足
 1949年 日本麦酒と朝日麦酒(後のアサヒビール)に分割
 1964年 日本麦酒をサッポロビール株式会社へ社名変更

 ということで、開拓使直営のビール工場を札幌に作ったのが始まりでし た。もとは札幌ではなく東京にという構想だったようですが、北海道は、 気候が欧米と似ていてビール製造に適していることもあって、結局札幌で の工場建設が進められました。

 村橋久成という責任者と技術者中川清兵衛を中心に、日本初の日本人に よるビールは誕生しました。その名は「冷製札幌ビール」で、この当時か ら北極星をモチーフにした赤い星マークがつけられていました。数年後に は原料となるホップはすべて北海道産に。

 しかし開拓使廃止になると、所管も変わり、農商務省→北海道庁→結局 民間の大倉組商会に払下げられ→さらには渋沢栄一・浅野総一郎によって 札幌麦酒会社が設立されるに至りました。

ビッグなサッポロビールへ!

ビール発祥の地といえば札幌!

 これが転機となり、醸造量も増えていきます。そのころ、札幌麦酒、日 本麦酒、大阪麦酒の3社が合併することになり、さらにその後日本麦酒鉱泉 や桜麦酒も合併。この新会社のシェアは7割に達しました。

 しかしそれもつかの間、戦後にアメリカによって会社は2分割される羽目 に。しかも、サッポロビールの赤い星マークは使われることはありません でした。それで、いつしか愛飲家たちからは、サッポロビール復活の声が あがり、1956年にようやく北海道限定でサッポロビールが復活しました(翌 年から全国発売)。

 会社名もサッポロビールに変更になって全国に浸透し始めました。特に 有名なのは1970年のCM「男は黙ってサッポロビール(三船敏郎)」でしょう。 サッポロビールは北海道では根強い人気です。愛されています。

※2003年に現在のサッポロビールが誕生しました。1876年9月からの血筋を 引く本家はサッポロホールディングスという会社になっています。本当に、 長い複雑な歴史を歩んできました。


 さて、この夏は、サッポロビールですね!札幌では年がら年中夏も冬も ほぼ100%生ビールをいただけます。確かに夏にぴったりですが、冬もほか ほかの家の中でビールというのもたまりません。スッキリしていてなまらうまいサッポロビールの生ビール「サッポロ黒ラベル」でもいかがですか。


 法律改正で地ビールが最近になって誕生しましたが、その発祥の地とも いうべき国内初の地ビールのひとつも北海道です。詳しくは地ビールのペ ージを御覧下さい。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。