味わう

焼きトウキビはうますぎだべさ!!

編集部
Written by 編集部

 北海道らしい「おやつ」のひとつに「焼きトウキビ」があります。じゃ がバターのように、作物をそのまま使用する、農業王国北海道ならではの ものですね。※さとうきびではありません。

焼きトウキビはうますぎだべさ!!

そもそもトウキビって?

 北海道外の方ならわからないという方も多いかもしれません。標準語で いうと「とうもろこし」になります。とうきびは、北海道の方言であり、 また国内のいくつかの地域でも使用される言葉のようです(道内の一部、特 に道南では「とうきみ」と呼ぶ人もいるそうです)。

 「とうきび」で慣れ親しんできた道産子は、方言だったことを知っても、 とうもろこしはいいづらいという事で、「とうきび」を一生使う人が多い わけです。もちろん、公式では「とうもろこし」と標準語で書きますが。

焼きトウキビはうますぎだべさ!!

 とうもろこしには種類があって、「スイートコーン」と呼ばれるものが、 普段食用となるとうもろこしです。一方、「デントコーン」というものも あって、それは家畜用となります。

 ピーターコーンという品種は定番で、黄色と白色が3対1の割合で並んで いるもの。うま~いし、甘ぁ~いです。収穫した瞬間から徐々に甘味が少 なくなっていきますので、収穫したてのとうきびがおすすめです(8月から 9月頃の収穫期)。

 実は北海道、とうもろこしのスイートコーン生産量・収穫量が日本一! なのです。国内生産の4割程度が北海道です(その中の1位は芽室町[めむろ ちょう])。それだけじゃない、おいしさも日本一とされています。その理 由とは?

北海道産とうもろこしがうまい訳

焼きトウキビはうますぎだべさ!!

 北海道産のとうきびが甘いのは、1.日照時間が長い、2.昼と夜の気温 差が大きい、という理由があります。まぁ、いくつかの北海道産の食物が うまい理由と一致します。太陽光を十分に受けて光合成するから、糖分が 蓄えられて、夜は気温が低いから糖分が失われないのです。

 北海道でとうもろこしが栽培されるようになったのは、開拓時代のこと。 ポルトガル人が16世紀に伝えたものではなく、開拓使と屯田兵の時代に、 アメリカから輸入したのがはじまりでした。

焼きトウキビはうますぎだべさ!!  かつて1960年ごろまでの道内は、ピーターコーンではなく、「札幌黄八行」とか「八列とうきび」(写真)と呼ばれる、つまり8列にきれいに 並んでいる細長いとうきびが主流でした。いまは道内でも一部で夏季限定販売していたりしますが、滅多にみることはない貴重な存在。開拓時代からのとうきびとして、ご年配の方々にはなつかしいもの。 収穫したとうきびを、天井につるして乾燥させ、冬に備えていた家庭もあ ったようです。この八列とうきびは食品の世界遺産「味の箱舟」に登録されています。

とうきびといえば「焼きトウキビ」!

 焼きとうきびや茹でとうきびで育つ人が多い北海道。晩夏の風物詩とも いえる「とうきび」です。「しんとして 幅廣き街の 秋の夜の 玉蜀黍の 焼くるにほいよ」は、有名な石川啄木のうたです(大通り公園西3丁目)。

 札幌ではその時代から今にいたるまで「焼きとうきびの香る街」です。 特に大通り公園は有名で、屋台が開かれて1本300円でご提供です。焼きと うきびの作り方はいたってシンプルで、しょうゆをはけで塗りながら、焦 げ目がつくまで焼いていくというもの。ご家庭でもできます。

 今年の夏も、焼きとうきび、もしくは茹でとうきびに挑戦しましょう。 道内をドライブすると、路肩の屋台で売っていることもありますよ。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。