味わう

カニ王国!数々の日本一!

カニ王国!数々の日本一!  北海道のおいしい食材……と聞いて、まずカニを思い浮かべる人も多いのでは?そう、北海道はカニのうまい産地なんですね。「カニ王国北海道」と言われます。なぜかって、それぞれの種類のカニの水揚げ量日本一の港は北海道にあるからです。カニの日本一が多い北海道なのです。

 しかも、北海道では一年のどの季節でもどこかでカニをとって水揚げしています。その中でも水揚げが多いのは稚内港や枝幸港を中心とした宗谷支庁、紋別港を中心とした網走支庁、そして後志支庁。渡島支庁や花咲ガニで有名な根室支庁も上位に入っています。

 そして都道府県単位で見てもどうどう日本一!でもでもここで衝撃的な事実が!国内で売られているカニのほぼ4分の3はロシアやカナダといった諸外国からの「輸入カニ」なのだそうです。純北海道産のカニをぜひいただきたいものです。

 ちなみに、輸入活カニは紋別市紋別港が、2009年まで4年連続で日本一に輝いています。特にズワイガニはロシア側の規制が緩いため他のカニより圧倒的に多く輸入されています。

カニの種類はすぐに言えますか?「タラバガニ」「ケガニ」「ズワイガニ」の三大ガニ、「アブラガニ」……。そうですね。でも北海道ではもうひとつ決して忘れてはいけないカニがいますよ。それは「花咲ガニ」です。まずはこの「花咲ガニ」が人気の秘密に迫りたいと思います。

カニ王国北海道だからできること!

 カニの本場北海道で食べるカニ。これだけでもう贅沢です。カニ王国の北海道だからこそ、カニに関しては贅沢できるのです。家にいながら贅沢できればもっといいですね。インターネットの登場で大変便利な時代になりました。鍋に入れてもおいしいですしぜひ。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。