味わう

ジンギスカンは道産子に欠かせない

ジンギスカンは道産子に欠かせない

ジンギスカンは道産子に欠かせない ジンギスカンは道産子に欠かせない  「ジンギスカン」という言葉はもはや全国に知れ渡っています。ではここで少しおさらいを(うざいけど)。ジンギスカンとは羊肉を使った焼肉・バーベキュー料理のことです。とにかく道産子にとってジンギスカンはきってもきれない重要な関係。

 道産子は小さい頃から北海道独特の家庭料理であるジンギスカンを食べ育ち、すんなりとジンギスカンを好きになります。だから焼肉とかバーベキュー……ったら当たり前のようにラム肉を持っていったり……それが普通のことになっています。道外の人にとって見たら羊肉の独特の臭みがいやでいやでたまらないという人が多いのも事実です。

 生後1年未満の子羊のラム肉は、生後1年以上のマトンよりもやわらかい肉で、なおかつくせが少ないのでジンギスカン=ラムという方程式が成り立つほど、ジンギスカン料理ではほとんどラム肉を使用します。

 ちなみに羊肉は他の食品に比べてカルニチンが豊富なので、脂質の代謝を促進させて効率よく体脂肪を燃焼させ、またコレステロール増加も抑制するというメリットもあるのです。つまりつまりダイエットや体重コントロールに役立つのはもちろん、生活習慣病予防にも貢献してしまうんです。

ジンギスカン特集はこちら

ジンギスカンは道産子に欠かせない

北海道のジンギスカンの歴史!

ジンギスカンは道産子に欠かせない  日本に羊肉料理がやってきたのは日本の歴史の中でも比較的最近のことで大正時代。それが北海道の家庭に普及したのは昭和初期のころで、メンヨウの飼育だけではなく食用として広まりました。ジンギスカンといえば北海道というイメージがありますが、実は本州でも見られるようです。いずれにしても北海道でジンギスカンが広く普及しているのは事実です。

 名付け親は、1977年毎日新聞社北の食物誌によると、南満州鉄道株式会社の調査部長であった駒井徳三さん。勘のいい方ならおわかりかと思いますが、あのチンギスハンをイメージして命名したとか。料理自体は、中国の羊肉料理を応用したものです。もともとは、軍服用として羊毛を生産するために羊を道内で飼育し始めました。それに乗じて、北海道版羊肉料理が誕生したというわけです。


ジンギスカンは道産子に欠かせない

 スーパーの肉のコーナーにはゼッタイにラム肉のコーナーがあって、味付、つまりタレにつけられた真空パックのジンギスカン、そして普通の生肉でパック詰めされたものの2種類が置いてあります。

 写真は市販の袋詰のラム肉。味付けはまったくされていませんで、その代わり、上のほうに白い塊が2つ入っているのにお気づきでしょうか。これはあぶらです。鍋にまずそれで脂を塗りつけてから焼き始めます。

ジンギスカンは道産子に欠かせない  一応、北海道の地域によってはタレは焼いた後じゃないとやだ!っていうところもあれば、味付のジンギスカンを好む場合とがあります。それは育った家庭環境によって変わってきますが、味付じゃないラム肉を買ったときは「ジンギスカンのタレ」も買わなければなりません。特に松尾ジンギスカンのある滝川を中心とした道北内陸部はタレが先です。根釧、道南、道北沿岸部(利尻礼文除く)はタレが後ということになっているようです。

※2006年、当サイトではジンギスカンのタレについてオリジナルのアンケート調査いたしました。詳しくはアンケート第16弾ジンギスカンのタレアンケート結果をご覧ください。

 なべは、真ん中が盛り上がっている特有のジンギスカンなべを使い、肉こそ違いますが焼肉のやり方は普通のカルビなどの焼肉とほぼ一緒です。野菜としてたまねぎは必ず入れたい材料です。最後はうどんなんかを入れて味付ジンギスカンの余韻を楽しみます。

 ※ジンギスカンソング……ジンギスカン(成吉思汗)についての歌が北海道にはあります。全国発売もされているので聞いてみてはいかがでしょうか。ジンギスカンソングの詳細はこちら

※2006年、当サイトでは花見とジンギスカンの関係についてオリジナルのアンケート調査いたしました。詳しくはアンケート第10弾花見とジンギスカンアンケート結果をご覧ください。

ジンギスカンは道産子に欠かせない

北海道じゃ認知率98%!

 さて、北海道内で普通のことのように食べられているジンギスカン。羊肉といってもどこ産というのがもちろんあります。道民にジンギスカンの肉といえばどこのが一番?と聞いたらたいてい滝川の「松尾ジンギスカン」!という答えが返ってきます。

 松尾ジンギスカン。ジンギスカンをこれから食べてみようという人は基礎知識として覚えておきましょう。あるアンケートでは北海道内の認知率が98%と言われています。まさに知らない道民はいないといっても過言ではない有名ブランド松尾ジンギスカンです。

 その松尾ジンギスカン、創業の昭和31年以来ずっと変わらない味を提供し続けてきています。なにがそんなに道民にうけて人気が高いのかというと、「結論。うまいから!」ということになります。うまいという一言に尽きますね。どんな秘密が隠されているのでしょうか。

 まず食材の厳選です。豊富な経験を持っているだけでなく羊肉への深い情熱を持ったベテランの職人さんが見つけ出したクリーンでヘルシーな羊肉にこだわっているからです。

 脂身が少ないのに、やわらかい肉が魅力です。脂肪分をひとつひとつ手作業で丁寧に取り除いて、赤身だけを厳選している特上ラム肉なのです。口にしたときの柔らかさはもちろんのこと、かんだときの口の中で広がる肉汁のジューシー感もたまりません(道民の皆さんはこの表現だけでよだれが出てきますので……)。

 2つ目に秘伝の生タレ。10年間の歳月をかけて生み出した松尾ジンギスカン独自の秘伝のタレは、羊肉独特の臭みを消し、うまみを引き出すのです。りんごとかたまねぎをベースに独自のスパイスを効かせている秘伝のタレがうけたというわけです。

 NHKが取材してもゼッタイに秘伝の生たれを明かしません。そして安全性や味へのこだわりは、合成着色料や保存料を一切使わないというところにも現れています。

これが有名ブランド松尾ジンギスカンだ!!

ジンギスカンは道産子に欠かせない ジンギスカンは道産子に欠かせないジンギスカンは道産子に欠かせない ▼味付き特上ラムジンギスカン!!
柔らかさがウリの一番人気のジンギスカンです。生後一年未満の仔羊の肉のうち、脂肪分を丁寧に取り除いて赤身だけ厳選した特上ラムです。羊肉は特有の臭みがあるのでは?と心配される方はまずこれが最初ですね!!ラムなので臭みは少ないのが特徴になっています。しかも子羊なので柔らかい!!わたしからもオススメします、ジンギスカン一番人気の最高級ジンギスカンなんです!!(→これが味付き特上ラムジンギスカン!!)

ジンギスカンは道産子に欠かせない ジンギスカンは道産子に欠かせないジンギスカンは道産子に欠かせない ▼味付きロースジンギスカン!!
程よい脂身がありながらも後味もよく、ボリュームがありながらさっぱりと食べられます。生後1年以上の羊肉をマトンというわけですが、そのロースを厚めに切ったボリューム感あるジンギスカンになります。肉厚とジューシーで、まるでステーキのようです!!(→これが味付きロースジンギスカン!!)

ジンギスカンは道産子に欠かせない ジンギスカンは道産子に欠かせないジンギスカンは道産子に欠かせない ▼味付き上肉ジンギスカン!!
脂身の少ないさっぱりとした味わいが特徴で、プリプリッとした食感がたまらないのがコレ。マトン、つまり生後1年以上の羊肉の赤身のみを厳選したジンギスカンなんです。肉も程よく柔らかいのでオススメです。(→これが味付き上肉ジンギスカン!!)

ジンギスカンは道産子に欠かせない ジンギスカンは道産子に欠かせないジンギスカンは道産子に欠かせない ▼ジンギスカンファミリーセット!!
3種類がひとつになった豪華版。まず、メインとなるジンギスカンでしょ、それに骨付きソーセージでしょ、骨付きラムステーキなんていうのもついているセットなんです。
◎ジンギスカンは上でも紹介している特上ラムジンギスカン。生後1年未満の子羊の肉をラムというんでしたね。脂肪のところを丁寧に取り除いて赤身だけを厳選した特上もの。松尾ジンギスカンの一番人気で、特有の臭みが気になる方はこれから始められるとよいので、まずオススメしています。
◎次に特製の骨付きソーセージは、メインはポークなんですが隠し味が羊肉という変わりもの。ソーセージの口いっぱいに広がる旨み。
◎最後は骨付きラムステーキ(写真)。実はこれ、一頭の仔羊から14本しか取れないそうなんです。大変希少価値のある、羊肉の中で最高級のラムチョップです。簡単に噛み切れるほど柔らかく、甘味のある汁があふれでてきます。牛や豚の肉では再現できません!!これはうまそう!!これだけははずしたくないですよね!!(→これがジンギスカンファミリーセット!!)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。