味わう

白い恋人(石屋製菓)は定番土産品

編集部
Written by 編集部

白い恋人(石屋製菓)は定番土産品
北海道のお土産といえばおいしいお菓子。銘菓でも有名なのが石屋製菓の白い恋人です。このページでは石屋製菓の白い恋人を紹介しています。

 ご存知、北海道を代表する銘菓「白い恋人」。北海道の銘菓といえば「白い恋人」。サッカーJ2コンサドーレ札幌の公式スポンサーにもなっており、道内ではテレビCMも盛んになされており(石屋製菓公式サイトで公開中)、露出度が高い、全国的に有名なお菓子ですね。

石屋製菓の袋は基本的に白い恋人のデザインが
白い恋人(石屋製菓)は定番土産品

2007年8月に石屋製菓の白い恋人を含む商品で不正が発覚しましたが、当サイトでは定番・人気商品であること、惜しむ声が多いことなどから、支援の意味を込めて当ページは継続いたします。

白い恋人ってどんなお菓子?

 1976年に発売されて以来、多くの道民、道外の人々に愛され続けており、発売年度の年間生産枚数500万枚から、現在では年間生産枚数2億枚以上(2003年現在)にまで急成長したすごい人気・大ヒット商品であります。どういうお菓子かご存じない方のために、簡単にご説明しますと、角が丸みを帯びた白っぽい四角いクッキー2枚でチョコレートをはさんだ薄いお菓子。ぜいたくで上品な感じがあります。

 さくさくのクッキーはラング・ド・シャー(フランス語:猫の舌の意)と呼ばれ、北海道産のバターを使用しています。上品な口どけのチョコレートには、ホワイトチョコレートやミルクチョコレートがあり、それぞれ「白い恋人ホワイト」「白い恋人ブラック」と命名されています。これらクッキーとチョコレートの絶妙なハーモニーが、なんともたまりません。

 「白い恋人」とは会社名ではなく、商品名です。製造会社は札幌市の石屋製菓になります。名前は、社長が「白い恋人たちが降ってきたよ」と降ってきた雪を見て言ったことからつけられたとか。商品発案は、チョコレートが手にべとつかずに、オシャレに食べることが出来ないかと模索していた中から誕生したものだとか。

 パッケージも北海道らしく、長年北海道限定銘菓として大ヒットを記録、各賞も受賞してきました。近年は、「白い恋人チョコレートドリンク」が誕生したり、「白い恋人パーク」を札幌市内に誕生させたり、白い恋人海外進出の話題も登場したりしました。

 病み付きになること間違いなしの、また、感動すること間違いなしの、さらに、不思議と何枚も食べたくなっちゃう、おいしすぎる北の銘菓「白い恋人(石屋製菓)」。あなたも味わってみませんか?

ホワイトチョコレートの「ホワイトバージョン」と、ミルクチョコレートの「ブラックバージョン」とがあります。12枚入り、18枚入り、24枚入り、28枚入り、そして36枚入りのホワイト&ブラック混在のものまで、数量は様々です。ご家庭の人数に合わせてとか、知り合いの人数に合わせて購入することが出来ます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。