味わう

え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

編集部
Written by 編集部

え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

【余市町】余市には、フルーツを使った鍋「フルーツ鍋」というものがあるらしい―。そんな噂を聞きつけやってきたのは、余市川温泉。同温泉の食堂では、フルーツをたっぷり使った鍋を提供してくれるとのこと。いったいどんな鍋なの?そのお味は?気になる「余市フルーツ鍋」の謎に迫りました。

2014年9月6日付のお知らせ
余市川温泉さんが北海道ファンマガジン読者のために読者特典を用意してくださいました! 詳細は記事をご覧ください。

創作鍋の大会で誕生した幻の余市フルーツ鍋

そもそもフルーツ鍋が考案されたのは、2008年にさかのぼります。その年、新しい地域ブランド創造を目指す余市青年会議所(JC)が、地域の産物をPRすべく「鍋リンピック」を開催しました。当時を知る余市川温泉・茅根英昭社長によれば、同大会に参加し創作鍋を出し合ったのは、町内の漁協・農協・加工協など複数チーム。その結果、市民の厳正な審査により金賞を受賞したのが、JAよいち女性部が考案した「余市フルーツ鍋」だったといいます。

▼JAよいち女性部オリジナル『余市フルーツ鍋』余市鍋リンピック2008金賞受賞鍋(JAよいち提供)
え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

では、そのフルーツ鍋には何が入っていたのでしょうか。2009年11月のまいど市消費者交流会で公表されたJAよいち女性部のレシピによれば、ブドウとジャガイモを使ったブドウ団子、リンゴとジャガイモを使ったリンゴ団子、そしてかぼちゃ団子の3種類をそれぞれ一口大に丸めて作っておき、そのほか、鶏もも肉、ごぼう、ニンジン、大根、椎茸、油揚げ、こんにゃく、長ネギ、千両梨が入りました。

メニューを見れば、リンゴやブドウや千両梨といったフルーツを生かし、具材もたっぷり使った鍋だということがわかります。また、完成した鍋の見た目は、ブドウの紫色、かぼちゃの黄色、そして野菜の緑色、ねぎの白色というように色彩豊かでした。味付けは味噌なので、味噌味でけんちん汁のような鍋だったといいます。

しかし、お年寄りからは好評を得たものの、全体的にはお世辞にも好評とは言い難く、これまでフルーツ鍋をレシピ通り提供するお店はなく、市販もされてきませんでした。いわば幻の鍋だったわけです。

新・フルーツ鍋は、フルーツを魚肉のすり身で包み込み、トマトベースにアレンジ!

え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

これまで食べたくても食べることのできなかった余市フルーツ鍋は、2014年、新たな一歩を踏み出すこととなりました。余市川温泉が、より食べやすくアレンジしたフルーツ鍋を考案したのです。茅根さんが2014年春に開発したという余市フルーツ鍋、それは、いったいどのような鍋なのでしょうか。

このフルーツ鍋は、誕生当初のフルーツ鍋のスタイルを踏襲しつつも、材料も見た目も味も香りも異なる鍋になりました。鍋はトマトベースで赤いのが最大の特徴で、長ネギとナスが入ります。さらに、白い団子状のものが幾つも入っていますが、実はこれ、魚肉のすり身団子。材料としていろいろな魚を試しましたが、最終的にスケソウダラのすり身に落ち着いたといいます。

▼スケソウダラのすり身団子
え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

肝心のフルーツがどこに入っているかというと、この白い団子状のものの中に入っています。なんと魚肉のすり身の中に、四角くカットした小さなリンゴ、まるまる1個入れたミニトマト、そしてカットしたプルーンの3種類のフルーツが入っているのです。フルーツと魚のすり身は意外な組み合わせですが、これがまた相性抜群です。冬季は新鮮なフルーツが手に入らないため、その場合は自社製品の「フリーズドライフルーツ」を入れ、また、すり身には「フリーズうに」を練り込むことも考えているといいます。

▼団子の中には、プルーン、ミニトマト、リンゴが入っている
え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!
え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

パッと見はいろいろなフルーツが使われているようには見えませんが、実は余市産フルーツにこだわっています。中に3つのうちどのフルーツが入っているかわからないというのも面白く、リンゴに当たればしゃりっとした食感を楽しめるのも魅力の一つ。余市で水揚げされる魚を使っている点も含め、まさに地産池消のアイデア鍋といえるでしょう。

こうして試行錯誤の末完成したフルーツ鍋は、これまでは同温泉では宴会でしか提供してこなかったといいますが、2014年9月4日(木)以降、ついに正式メニューとして余市川温泉のメニューに並んでいます(800円で提供)。茅根さんは、「よりフルーツ鍋らしく、より美味しく食べやすくなりましたので、自信をもってオススメできます」と太鼓判を押します。

え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!
え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見! え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

▼映像:柚瀬なつが余市フルーツ鍋を食べてみた

フルーツドーナツもデビューへ

余市川温泉では、フルーツを使った新メニュー「フルーツドーナツ」の開発も終盤を迎えています。町内の福原宝豆腐店のおからを使い、自社製品のドライリンゴを入れたドーナツ生地に、カットしたリンゴやブルーベリーを乗せたりウイスキーチョコをかけたドーナツです。2014年10月1日から余市川温泉で、同16日からは大阪でも販売する予定です。

え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!
え!!「フルーツ鍋」って何?余市川温泉で驚きの料理を発見!

▼映像:柚瀬なつがフルーツドーナツを食べてみた

読者特典

余市川温泉で「北海道ファンマガジンを見た!」と言っていただくと、フリーズドライ各種半額で購入でき、温泉が100円で入れます!2014年10月末まで。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。