味わう

「へそガラナ」が気になるゾ! ご当地ガラナが沢山ある富良野

「へそガラナ」が気になるゾ! ご当地ガラナが沢山ある富良野

北海道独特のドリンクとして知られるガラナ。ガラナの実を使った炭酸飲料で、道民の間で広く普及しています。キリンガラナ、小原のコアップガラナは道内どこでも流通していますが、パッケージを旭山動物園の動物たちにしたものや、さらに販売地域を狭めた地域限定のご当地ガラナも登場しています。

富良野市には「へそガラナ」というインパクトある名前の富良野限定ガラナがあるほか、「富良野天然水仕込みガラナ」という北海道限定ガラナ、富良野名物「なまら棒」に合うガラナ風ご当地ドリンク「なまらガラナソーダ」が存在します。それぞれどんなガラナ飲料なのでしょうか。一つずつご紹介していきましょう。

へそのまちだからこそ「へそガラナ」

「へそガラナ」が気になるゾ! ご当地ガラナが沢山ある富良野 まずは「へそガラナ」。富良野限定のガラナ飲料として富良野市内で販売されています。実は「富良野」と「へそ」は切っても切れない関係。北海道の中央に位置する富良野であることから「北海道のへそ」とも呼ばれ、夏には富良野市内で「北海へそ祭り」が開催されます。

「へそガラナ」は、へそである富良野にちなんで誕生したガラナなのです。パッケージには、北海へそ祭りのメインとされる図腹踊り(お腹に顔を描いて練り歩く)をイラスト化したもので、背景にラベンダーを配置しています。パッケージ横にはラベンダー畑、北海へそ祭り、スキー場のPRコメントがしっかり書かれています。

「へそガラナ」を販売するのは、富良野市内の有限会社リカーショップニシノ(緑町9-12)。原材料は、果糖ブドウ糖液糖、ガラナエキス、カラメル色素、酸味料、香料で、糖分に関しては北海道産ジャガイモを主原料としています。500mlペットボトル入り。

富良野の天然水を使った「富良野天然水仕込みガラナ」

「へそガラナ」が気になるゾ! ご当地ガラナが沢山ある富良野 「富良野天然水仕込みガラナ」は、北海道限定ガラナとして販売中です。パッケージは富良野から見える山々とそこから太陽が昇るかのような赤い円が描かれています。

このガラナの特徴は、名称通り富良野の天然水を使用しているという点です。使っているのは、富良野市南麓郷ベベルイ地区に自噴する伏流水です。この天然水は酸素を含み、爽やかな清涼感があるのが特徴で、のどごしがよく、まろやかな味わいを楽しむことができます。飲んでみると非常に飲みやすいガラナに仕上がっていることが分かります。

「富良野天然水仕込みガラナ」を販売するのは、富良野市内の株式会社江戸屋富良野店(学田三区)。原材料は糖類(果糖ブドウ糖液糖・砂糖)、ガラナエキス、カラメル色素、酸味料、香料。500ml入りペットボトルとして道内で販売されています。なお、姉妹品として「富良野天然水仕込みサイダー」もあります。

富良野名物「なまら棒」に合う「なまらガラナソーダ」

「へそガラナ」が気になるゾ! ご当地ガラナが沢山ある富良野 2012年に誕生したご当地ドリンクが「なまらガラナソーダ」。とみ川が製造販売する富良野名物「なまら棒」に合うドリンクを……と開発されたご当地ドリンクです。富良野のラベンダーをイメージした紫色のドリンクです。いったいどんなドリンクなのか、なまらガラナソーダの詳細はこちらの記事をご覧ください。

3つの富良野ガラナ関連飲料を紹介しましたが、いずれも「フラノ・マルシェ」内で購入することができます。富良野旅行の際は旅のお供にいかがでしょう。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。